編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF
松岡功の一言もの申す

オラクルがIaaSに注力し、AWSと真っ向勝負する理由

松岡功

2016-11-02 12:07

 オラクルがクラウドサービスとして、SaaSやPaaSに続けてIaaSにも本格的に力を入れ始めた。先行する競合との熾烈な戦いが予想される中、なぜ同社はIaaSに注力するのか。

日本オラクルがクラウドイベントでIaaSへの注力を強調

 「すでに多くのお客様に使われているオラクルのデータベースやその上で動くアプリケーションをオラクルのIaaSへ移行していただければ、相当のコスト削減を図ることができ、ご要望に応じた柔軟な構成で利用していただける」

 日本オラクルの杉原博茂 取締役 代表執行役社長兼CEO(最高経営責任者)は、同社が10月25~26日に都内ホテルで開催したプライベートイベント「Oracle Cloud Days Tokyo 2016」の基調講演で、オラクルがIaaSに注力する理由についてこう語った。

 同イベントは、米Oracleが9月にサンフランシスコで開催した「Oracle Open World 2016」で明らかにしたクラウド事業戦略について、日本市場での展開を顧客企業に披露したもので、最大の話題はまさしくIaaSへの注力だった。


記者会見に臨む米OracleのSteve Daheb Oracle Cloud担当シニアバイスプレジデント(左)と日本オラクルの竹爪慎治 執行役員クラウド・テクノロジー事業統括Cloud Platform事業推進室長

 杉原氏に続いて講演したOracleのSteve Daheb(スティーブ・ダヒーブ)Oracle Cloud担当シニアバイスプレジデントは、まず企業のクラウド利用の現状について、「パブリッククラウドは世の中のワークロード全体の6%程度にしか使われておらず、本格的な普及はまさにこれからだ」と指摘。その上で同社のIaaSについて、「業界最高水準のストレージやネットワーク、さまざまなユースケースに対応した拡張性の高いセキュアなコンピュートを実装している」と強力ぶりを訴えた。

 Daheb氏は講演後、日本オラクルの竹爪慎治 執行役員クラウド・テクノロジー事業統括Cloud Platform事業推進室長とともに記者会見に臨み、あらためてOracle Cloudの内容やアドバンテージについて説明。講演では示さなかったAmazon Web Services(AWS)のクラウドサービスとのコストパフォーマンスを比較した図も披露し、IaaSを含めたOracle Cloudの優位性を強調した。(関連記事参照)

IaaSはコスト削減ニーズに応えるクラウドの“入り口”

 ただ、IaaS市場は先行するAWSをはじめとして競合がひしめく激戦区だ。ハードウェア事業も展開しているオラクルとしては、IaaSに本格的に打って出るのは当然かもしれないが、筆者が素朴な疑問として感じたのは、オラクルが競争力を持つPaaSやSaaSには構造上IaaSが含まれていることを考えると、わざわざIaaSを切り出してAWSなどと真っ向勝負する必要があるのか、という点だ。PaaSやSaaSをクラウドサービスの主戦場に導けば、競合と同じ市場で戦わずしてIaaSも拡大できるのではないか。そこで、こうした疑問を会見の質疑応答でぶつけてみた。すると、Daheb氏は次のように答えた。

 「クラウドサービスのオファリングとしては、選択肢を提供するという意味でもSaaS、PaaS、IaaSをすべて手掛ける必要がある。また、お客様が利用されているオラクルデータベースのバージョンが古かったり、その上でオラクル以外のアプリケーションを使用されている場合などは、まずIaaSに移行してコスト削減を図っていただくのが得策だ。オラクルがIaaSに注力するのは、お客様のそうしたニーズに対応するためである」

 また、竹爪氏も「これまでPaaSを展開してきた中で、お客様から、まずはIaaSを導入してコスト削減を図りたいというご要望を多くいただいた。そこで、クラウドサービスへの“入り口”としてIaaSを本格的に手掛けることにした」とのこと。さらに同氏は、「その入り口で他社のIaaSを導入すると、オラクルへ載せ替えるのが難しいとのお客様の声も聞いており、IaaSからPaaS、SaaSへとオラクルのリソースを有効活用していただけるようにするためにも、IaaSに注力する必要があると判断した」と語った。

 ユーザーがクラウドサービスを導入して、まず実現したいのはコスト削減だ。IaaSがその「入り口」になるという竹爪氏の話は本音だろう。すでに他社のIaaSを導入したオラクルユーザーも少なくない中で、さらにオラクル以外のアプリケーションを使用するユーザーに対しても、オラクルのIaaSの魅力をどのように訴求するか。注目しておきたい。


Oracle CloudとAWSクラウドのコストパフォーマンス比較(出典:日本オラクルの資料)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]