編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

ミドルウェア市場は堅調--IoT・ビッグデータ領域が拡大:ミック

NO BUDGET

2016-11-12 07:00

 ミック経済研究所は11月4日、UNIXおよびWindowsをプラットフォームとしたサーバ対応のミドルウェアパッケージソフトの市場動向の調査結果を発表した。ソフトウェアベンダー28社を直接ヒアリングしたという。

 統合運用管理パッケージの出荷金額は、2015年度は1421億5000万円、前年対比105.8%と堅調な推移を示し、10分野別のミドルウエアパッケージソフト市場に占める構成比41.3%と最も大きな市場規模となっている。

 IT運用自動化の属人性排除によるオートマチックオペレーションなど、適用領域拡大が市場を押し上げた。ビッグデータやAIを含めたIoT市場向けのIT投資の押上げにより、2016年度以降も堅調な市場推移が見込まれる。


10分野別市場規模中期予測

 RDBMSの出荷金額は、2015年度は999億2000万円、前年対比105.6%と堅調な伸びを示し、市場構成比は29.0%だった。堅調さの背景には、データベースの高速化がシステム統合推進の一つの役割を担ったことや、通信や流通系の大型案件などの押上げがある。

 また、日本オラクルは2016年1月にOracle Databaseのライセンス体系を変更し、中小規模システム向けで安価なStandard Edition One(SE1)を廃止、Standard Edition 2(SE2)に一本化した。これにより、ユーザーはライセンス追加購入やシステム構成の見直しを迫られることとなった。日本マイクロソフトは、このSE1提供終了に伴うSQL Server 2016へのリプレースを促進しシェア拡大につなげた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]