編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

道路陥没などを回避へ--ALSOKがAIを交えた監視サービス

NO BUDGET

2016-11-17 08:25

 ALSOKは11月14日、道路のポットホールや段差などといった路面状態をモニタリングし、モニタリング情報から効率的な舗装修繕計画を策定する「道路モニタリングサービス」を発表した。自治体などの道路管理者が、路面の異常箇所を早期発見し、補修することで住民サービスの向上につなげられる。

 また、効率的な舗装修繕計画による予防保全に取り組むことで、道路維持管理おけるトータルコスト削減を図る。12月1日から販売を開始し、サービス提供開始は2017年3月ごろの予定。

 JR博多駅前の道路が陥没する事故が起きるなど、近年、社会インフラの老朽化が大きな社会問題となる中で、ALSOKは2014年度より内閣府の「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)インフラ維持管理・更新マネジメント技術」において、JIPテクノサイエンス、東京大学が進めている「インフラ予防保全のための大規模センサ情報統合に基づく路面・橋梁スクリーニング技術の研究開発と社会実装」の実証実験に参画し、道路の維持管理に資するサービスの検討を進めてきた。

 具体的には、ALSOKの車両に測定機器となるスマートフォンを設置し、走行から得られる加速度情報を分析することで、IRI値(International Roughness Index:舗装の乗り心地を客観的に評価する指数)の算出および路面の異常箇所(ポットホールや段差など)の検出を行い、路面の劣化箇所を安価で効率的にスクリーニングする技術を開発。ALSOKは今回、この技術に実証実験で得られた運用ノウハウを合わせ、サービス化した。

 道路モニタリングサービスでは、100m区間ごとに区切った道路の路面状態(IRI値)、局所的な異常箇所をGIS地図上で色分けして表示、現場で撮影した実際の画像も表示できるほか、年1回の書面レポートも提供する。


モニタリングサービスによるアウトプットのイメージ

モニタリングサービスによる路面画像確認イメージ

 また、併せて提供する舗装修繕計画策定サービスでは、このモニタリング情報を活用し、損傷が著しくなってから対策を行う事後保全ではなく、損傷の早期発見・補修を行う予防保全に資する舗装修繕計画を策定する。モニタリング情報から予防保全につなげることでトータルな維持管理コストの縮減が期待できるという。

 例えば、SIPの実証実験が行われた自治体A市では、道路の路面のモニタリング情報(IRI値)をベースに舗装修繕計画をシミュレートした結果、今後50年の工事費において、約63%の削減(総額約7365百万円。年換算147百万円)につながる試算結果が確認できたとのこと(一定条件下での長期シミュレーションであり、実際の費用は各種要素により変動する)。


舗装修繕計画策定サービスによる効果シミュレーション結果

 さらにALSOKでは今後、さらなるサービス拡充を計画している。具体的には現在、人工知能(AI)を活用し画像から異常箇所(ポットホールやひび割れなど)を認識するサービスをNTTコムウェアと連携して開発しているほか、画像解析によるひび割れ解析サービスにも東芝と連携して取り組んでいるとのこと。今後、道路空間全体を監視するサービスにつながるよう継続的に進化させていき、安心・安全な社会づくりに貢献していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]