編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
展望2017

デジタルトランスフォーメーションの年へ、脱落すれば淘汰のリスク--IDC

NO BUDGET

2017-01-04 11:54

 IDC Japanは12月13日、2017年の国内IT市場において鍵となる技術や市場トレンドなど主要10項目を発表した。同社が発行したレポート「Japan IT Market 2017 Top 10 Predictions:デジタルトランスフォーメーション・エコノミーの萌芽」において、2017年の国内IT市場で注目すべき動向についてIDC Japanのアナリストが議論し、主要な10項目の事象を取り上げ、考察/展望としてまとめた結果の概要を、以下のように伝えた。

 2016年を振り返ると、クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術からなる第3のプラットフォームの重要性はITサプライヤーの間ではもはや常識となり、その上で新たな成長ドライバーを求めて、コグニティブシステム(AI)やIoT(Internet of Things)に関心が集まった。

 また、UberやAirbnbといったデジタルビジネスで大きく事業を伸ばしているITサプライヤーが国内市場にも進出し、メディア各社でも大きく取り上げられ、デジタルトランスフォーメーション(DX)の概念がITサプライヤーの間に浸透した年になった。

 一方で、企業ではハイブリッドクラウドへの流れが定着し、いつ、どのワークロードをどのクラウドで実現するのかについて、具体的に検討し実行に移す企業の事例が多かった。

 2017年の10の主要項目は、以下の通り。

  • 産業間のエコシステム連携によって、第3のプラットフォーム上にDXエコノミーが萌芽する
  • 第3のプラットフォームへのICT支出が第2のプラットフォーム支出に並ぶ
  • ランサムウェアの被害拡大が、脅威インテリジェンスと認知システム/AIを活用したセキュリティ製品の開発を加速する
  • DXを実現するハイブリッドクラウドとAPIエコノミーの拡大が加速する
  • IoT事業者の競争軸は「IoTプラットフォーム」から「データアグリゲーションプラットフォーム」にシフトする
  • DXの普及が、エンタープライズインフラストラクチャの選定基準とITサプライヤーの競合関係に変化をもたらす
  • 認知システム/AIの事例がプロフェッショナルサービス、セキュリティ/リスク管理分野で多数登場する
  • 産業特化型クラウドがDXエコノミーのコア技術として成長を始める
  • AR/VR、ロボティクス、3DプリンティングなどのIA技術が製造業の変革とグローバル競争力の強化に貢献する
  • DXが企業の全社的課題として認識され、IT人材とDX推進組織の再定義が進む

 同社リサーチバイスプレジデントの中村智明氏は、以下のようにコメントしている。

 「2017年は、DXエコノミーの萌芽の年になる。この動きを支援するためにITサプライヤーは、エコシステムの拡大を図ることが最優先事項となる。この競争から脱落すれば、市場から淘汰される危険性がある」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]