編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
調査

8割がソフトウェアアップデートの必要性を理解していない--カスペルスキー調査

ZDNet Japan Staff

2017-01-23 07:00

 カスペルスキーはこのほど、日本国内で行ったセキュリティ意識に関するインターネット調査によると、インターネット利用者の約8割がデバイスのOSやソフトウェア、アプリケーションのアップデートを行わないとウイルス感染の可能性が高まることを「知らない」「詳しくわからない」と回答した。また、自分のデバイスに意図せずソフトウェアがインストールされようとする時に、「必ず気づくと思う」と回答した人は2割未満だった。

インターネット利用者の約8割がソフトウェアの必要性を詳しく理解していないと回答

 この調査では、インターネット利用者の76%がOSやソフトウェア、アプリケーションのアップデートを行わないとウイルス感染の可能性が高まることを「知らない」「詳しくはわからない」と回答した。特に女性の間でその割合が高く、男性63%に対して女性は89%だった。また、セキュリティ製品のユーザーでは73%だったのに対し非ユーザーでは91%と、セキュリティ製品を使っている人といない人の間でリスクに対する意識に差があった。さらに、ソフトウェア・アップデートについて60%の人が「必要なことなのですぐに行っている」という回答した半面、「ネット通信速度やデバイスのパフォーマンスに影響するのでアップデートしたくない」という回答が30%に上った。

(カスペルスキー提供)
OSやソフト・アプリのアップデートをおこたることで、ウイルスに感染する可能性が高まることを知っていますか。 (n=623、単一回答、選択肢:「詳しく知っている」「聞いた事があるが、詳しくはわからない」「知らない」

意図しないインストールに「必ず気づくと思う」と回答した人は2割未満

 本調査では、自分のデバイスに意図せずソフトウェアがインストールされようとする時に、「必ず気づくと思う」と回答した人は19%だった。その割合はスマートフォンやタブレットのユーザーの22%に対しPCユーザーでは17%と、やや低い結果だった。

 カスペルスキーは、安全なものに見せかけてマルウェアをインストールさせるといった手口はよく使われると指摘。またマルウェアに限らずブラウザのツールバーや検索エンジンなど、いつの間にかインストールされるソフトウェアもあるとした。不要なソフトウェアは、システム処理に影響を及ぼすだけでなく、プライバシーの侵害やそれ以上に深刻な結果を招く可能性を持っていると説明、注意を呼び掛けている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]