編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

鉄道関連施設の新ワークフローを開発--JR東日本コンサルタンツ

NO BUDGET

2017-02-02 08:00

 オートデスクとJR東日本コンサルタンツは1月31日、パートナーシップを締結し、鉄道関連施設の計画、設計、施工から運営、維持管理まで全てのライフサイクルをカバーする新ワークフローの開発に乗り出す。

 このワークフローは、オートデスクのBIM/CIMソフトフェアやクラウドサービスなどを利用して作成した3次元モデルデータを、発注者、設計会社、施工会社、施設運用者、施設維持管理者とその関係機関全体で共有するためのもの。BIM/CIMは、建物やインフラ工事の設計、施工、維持管理までのライフサイクル全体で設計情報を活用する手法。

 両社はまず、鉄道建設プロジェクトを対象にBIM/CIMのデータを整備し、IoT環境上で連携させることで、IoTプラットフォームの成果を検証し、その適用範囲を広げていく。BIM/CIMとIoTの融合により、人の流れを考慮した3Dナビゲーションアプリを開発し、設備の維持管理をより効率的に行うための高度なシミュレーションを実現していく。

 オートデスクは、保有する全てのソフトウェアとクラウドサービスを使用できる「エンタープライズ・トークン・フレックス・プログラム」をジェイアール東日本コンサルタンツに提供する。また、オートデスクが欧米や中東で手掛けてきた鉄道に関するBIM/CIMに関する知見をもとにコンサルティング実施し、BIM/CIMの効果を最大限に活用できるよう支援していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]