編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
企業決算

インテルの第4四半期、予想上回る--IoTやデータセンター事業が好調

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-01-27 13:50

 Intelは米国時間1月26日、2016年第4四半期(12月31日締)の決算報告を行った。売上高は、四半期単位で過去最高の163億7000万ドル、非GAAPベースの1株あたり利益は79セントとなった。2016年通年の売上高も過去最高となった。売上高の増加は、クライアントコンピューティング(PC)、データセンター、IoTなどあらゆる事業分野にわたる堅調さを反映しているとIntelは述べている。

 アナリストの予想は、同四半期の売上高が157億5000万ドル、1株あたりの利益は75セントだった。


提供:Intel

 2016年通年では、非GAAPベースの売上高が595億ドル、1株あたり利益は2.72ドルだった。営業利益は165億ドルで純利益は132億ドルとなった。営業活動から218億ドルの現金を創出した。

 最高経営責任者(CEO)のBrian Krzanich氏は声明文で、2016年はIntelにとって「変革」の年だったと述べている。

 通年ではクライアントコンピューティング事業部の売上高は、前年比2%増の329億ドルとなった。成長率が大きいとは言えないが、市場全体を反映している。Gartnerによると、世界のPC市場は多少の安定化傾向が見られるが、2016年に5年連続で出荷台数が減少したという。

 このような市場の変化に合わせ、IntelはデータセンターとIoTの両事業へのフォーカスを強めている。

 データセンター事業は2016年、売上高が前年比8%増の172億ドルとなった。IoT事業の売上は、前年比15%増の26億ドルを計上している。

 不揮発性メモリソリューションズ事業の売上高は前年比1%減の26億ドルとなった。セキュリティ事業は同9%増の22億ドルとなった。プログラマブルソリューションズ事業の売上高は17億ドルだった。

 第4四半期のクライアントコンピューティング事業は前年同期比4%増の91億ドル、データセンター事業は同8%増の47億ドル、IoT事業は同16%増の7億2600万ドルとなった。

 2017年第1四半期(2017年1月~3月期)の見通しについては、非GAAPベースの1株あたり利益を65セント(5セントのプラス/マイナス幅)、売上高148億ドル(5億ドルのプラス/マイナス幅)と予想している。2017年通年では、売上高が横ばいで、1株あたり利益が2.80ドルになる見通しとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]