編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「LibreOffice 5.3」がリリース--新UI、「LibreOffice Online」など

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-02-02 11:31

 今から2年近く前、The Document Foundationは「LibreOffice」をオンライン版の開発について計画を発表した。「LibreOffice 5.3」のリリースによって、ついにそれが現実になった。

 この新バージョンは単なるマイナーアップデートではなく、LibreOffice史上最も豊富な機能を備えるリリースの1つである。

 まず、LibreOffice 5.3は「LibreOffice Online」(LOOL)の最初のソースリリースだ。これはLibreOffice 5.3のクラウドオフィススイートである。LibreOfficeの「コアエンジン」を再使用することで、複数のユーザーがブラウザで文書に簡単な編集を施すことのできる機能を提供する。

 LibreOffice Onlineは基本的にサーバサービスだ。ユーザーはSSL証明書を持つ自分のクラウドサーバにインストールして、設定を行う必要がある。最新のLibreOffice Onlineソースコードのビルドは、「Docker」イメージとして入手可能だ。

 また、LibreOfficeの新しい「MUFFIN」ベースのインターフェースは、より柔軟な文書作成体験をユーザーに提供する。

 そのほかの機能には、以下のものが含まれる。

  • HarfBuzz」を使って、あらゆるプラットフォームで一貫したテキストレイアウトを実現する、新しいクロスプラットフォームのテキストレイアウトエンジン。 刷新された
  • 「Help」(ヘルプ)メニュー。ユーザーガイドやコミュニティーサポートフォーラムへの新しいクイックリンクが追加されており、ユーザー体験が向上している。
  • 「Microsoft Office」の新しい文書フォーマットとレガシー文書フォーマットへのインポート/エクスポートフィルタの改善。
  • 表にフォーマットを適用する「Table Styles」、数回のキー入力で別のページに移動できる新しい「Go to Page」ボックスのサポートが「Writer」に追加された。
  • 「Calc」は新しいデフォルトのセルスタイル群を提供する。
  • さらに、Calcでは、正規表現ではなく数式ではワイルドカードがデフォルトで有効になっている。これにより、ほかのスプレッドシートソフトウェアとの互換性が向上した。
  • 「Impress」は、起動時にテンプレート選択画面が表示されるようになったので、ユーザーは即座に作業を開始することができる。マスタースライドモードの使用時、サイドバーで新しい「Slide Properties Deck」(スライドプロパティデッキ)を利用できるようになった。

 LibreOffice 5.3は、テスト段階にあるリリースで、アーリーアダプターやパワーユーザー向けとなる。ビジネスユーザーは、より安定した「LibreOffice 5.2.5」を選択することをおすすめする。

 LibreOffice 5.3オフィススイートは、Windows、macOS、Linux、そして初めてプライベートクラウドで利用可能になっている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]