ランサムウェアで重要インフラが人質に取られる可能性--米大学が実験 - (page 2)

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2017年02月23日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジョージア工科大学電子・計算機工学専攻博士課程の学生David Formby氏は「塩素は、添加量が適切であれば、水を消毒し安全に飲めるようにする役割を果たす。しかし塩素の量が多すぎれば、水の安全性を脅かす有害反応を生み出す可能性がある」と述べている。

 研究者らがPLCを発見するプログラムを使用して調査したところ、あるタイプのPLCは、インターネット経由で直接アクセスできるものが1400個見つかったという。多くの場合、この種のデバイスは企業のファイアウォールの内側に配置されているが、ネットワークのセキュリティが破られれば安全ではなくなる。

 まだ実際にランサムウェアで産業用組み込みシステムが攻撃された例はほとんどないが、病院がランサムウェアで大きな被害を受けた例は出ている。中には、攻撃によって起きる可能性がある被害に比べれば、身代金の経済的負担はないも同然というケースもある。

 これは病院の場合、被害によって患者の命が危険にさらされる可能性があるためだ。上水道システムが人質に取られた場合にも、同じことが起こり得る。

 Motorola Foundationの教授であり電子・計算機工学副専攻科長のRaheem Beyah氏は、産業用制御システムのセキュリティホールは少なくとも10年前から認識されていたが、最近になってランサムウェアが注目を集めており、ほかの標的への攻撃が難しくなっているため、今後産業用システムが主要な標的の1つになる可能性があると考えている。

 「国家レベルの機関がすでにこの問題について知っており、政治的な目的に利用可能な攻撃手段を持っている可能性は高いが、一般的な攻撃者はこれまでこれらのシステムに関心を持っていなかった」と同氏は述べている。「われわれが望んでいるのは、この問題について注意を喚起することだ。われわれがこの種の制御システムへの攻撃に成功すれば、悪意を持った人物も同じことができる」(Beyah氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算