オープンソースを採用せざるを得ない理由--The Linux Foundationが無料の電子書籍

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2017年02月23日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソースを最大限に活用したいと考えている企業向けに、The Linux Foundationが無料の電子書籍を公開した。

 オープンソースの素晴らしさは、開発者の間では認知されている。Microsoftも、今ではオープンソースの波に乗っている。しかし多くの企業は、IT部門を別にすれば、オープンソースが自社のビジネスに役立つ理由や、どう役立つのかを分かっていない。The Linux Foundationが新たに公開した無料の電子書籍「Open Source Software Basics」(オープンソースソフトウェアの基本)には、このような問題に対する答えが見つかるはずだ。

 The Linux FoundationのエグゼクティブディレクターであるJim Zemlin氏は、カリフォルニア州レイクタホで米国時間2月14〜16日に開催された「Open Source Leadership Summit」で、「組織はオープンソースソフトウェアの採用を進めるなかで、ソフトウェアの選択から配備、確実なライセンス準拠に至るまでのあらゆるものごとに対してプロセスを確立する必要があると認識し始めた」と述べるとともに、「オープンソースの採用と、その後のオープンソース界への貢献のメリットは極めて大きいが、こうしたメリットをしっかりと認識するにはさらなる教育が必要だ」と述べた。

 この無料の電子書籍には以下の内容が記されている。

  • オープンソースソフトウェア(OSS)とは何か?
  • 企業はなぜOSSを利用するのか?
  • OSSはなぜ開発を迅速かつ低コストに実現しつつ、より大きな柔軟性を確保できるのか?
  • OSSを利用するうえでの運用面の課題
  • OSSのライセンス

 この書籍は企業の幹部や法務部門、ソフトウェアアーキテクト、ソフトウェア開発者、ソフトウェア保守担当者、製品マネージャーがオープンソースの主要な側面を理解するうえで役に立つはずだ。同書籍は、「LFC210 - Fundamentals of Professional Open Source Management」(LFC210 - プロフェッショナルなオープンソース管理の基礎)という訓練コースの内容に基づいて説明されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算