編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ウイングアーク、クラウド型BIツールにオープンデータ--国勢調査などが利用

NO BUDGET

2017-02-27 13:05

 ウイングアーク1stは、クラウド型ビジネスインテリジェンス(BI)ダッシュボード「MotionBoard Cloud」で国勢調査などの各種オープンデータ/分析テンプレートの提供を2月23日から開始した。提供するデータは「平成27年国勢調査」「平成25年日本の地域別将来推計人口」「平成26年経済センサス」の3つ。

 「平成27年国勢調査」は2015年の「国勢調査 人口等基本集計 全国編・都道府県編」に基づいた人口総数や5歳ピッチ人口とその男女別、15歳未満、15~64歳、65歳以上の年齢3区分別人口、外国人人口、世帯総数、住宅種類別世帯数などの情報。

 「平成25年日本の地域別将来推計人口」は、2013年の「日本の地域別将来推計人口男女・年齢(5歳)階級別の集計結果(市区町村編)」に基づいて2010~2040年の30年間を5年ごとに男女年齢(5歳)階級別の将来人口を推計した。

 「平成26年経済センサス」は2014年の「経済センサス-基礎調査 事業所に関する集計」「経済センサス-基礎調査 企業等に関する集計」に基づいて従業員規模ごと、売上規模ごとの企業数を産業分類(日本標準産業分類)ごとに提供する。

 今回提供されるテンプレートは、データを閲覧することを目的とした「データを見る」、自社データと掛け合わせて分析することを目的とした「データを掛け合わせる」がそれぞれのデータに対し用意されている。ただし、「平成25年日本の地域別将来人口推計」については、 「データを見る」テンプレートのみの提供。

 これらのテンプレートは、いくつかのシナリオに沿って設計されており、国勢調査データの「データを掛け合わせる」テンプレートでは、店舗周辺商圏の居住者プロファイリングと売れ筋商品を相関分析できる。テンプレートを利用せずにユーザー自らダッシュボードを設計し、オープンデータを利用することも可能だ。

国勢調査「データを掛け合わせる」テンプレート(ウイングアーク1st提供)
国勢調査「データを掛け合わせる」テンプレート(ウイングアーク1st提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]