編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

人口統計や消費支出など--ウイングアーク1st、SaaS型BI向けに第三者データ

NO BUDGET

2015-03-04 07:30

 ウイングアーク1stは3月3日、クラウド型ビジネスインテリジェンス(BI)ツール「MotionBoard Cloud」上で“第三者データ”を月額課金で利用できる「3rd Party Data Gallery for MotionBoard Cloud」を4月1日から開始すると発表した。2014年12月に開始した第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery」のサービス第2弾になる。

 人口統計データや気象観測データ、消費動向データ、ソーシャルメディア反応データなど各種の第三者データは、自社の販売実績データや顧客データなどと組み合わせて分析することで、より効果的なデータ活用が可能となる。

 だが、活用のためにはデータを購入した上で整備、整形する必要があった。3rd Party Data Galleryでは、必要なデータを必要なときに利用できる。

MotionBoard Cloudダッシュボードイメージ
MotionBoard Cloudダッシュボードイメージ(ウイングアーク1st提供)

 今回の3rd Party Data Gallery for MotionBoard Cloudは、月額課金で利用できるSaaS型BIのMotionBoard Cloud向けに用意されたサービス。提供されるデータは、あらかじめ集計粒度やフォーマットを統一してあるだけでなく、自社データと比較分析しやすくするための結合マスターテーブルも用意され、MotionBoard Cloud上で自社データと第三者データを組み合わせて容易に分析できるという。提供される第三者データは以下の通り(料金プランで提供可能なデータ種別は異なる)。

  • 国勢調査(人口・世帯・産業)
  • 年収階級別世帯数推計
  • 貯蓄階級別世帯数推計
  • 全業種店舗統計(TMD500)
  • 消費支出推計
  • 推計傷病別患者数
  • 推計要介護(要支援)認定者数
  • 介護施設・事業所
  • 気象履歴

 3rd Party Data Gallery for MotionBoard Cloudには「サブスクリプション」と「データアソートパック」の2種類の料金プランが用意されている。料金はMotionBoard Cloudの利用ユーザーIDに基づく月額課金。設定費用として初期導入時3万円が必要。

 サブスクリプションは、月額課金で利用できるプラン。データに含まれる指標すべてを利用でき、提供するデータ種別ごとに月額課金で利用する。税別料金は10ユーザーIDで1万円から。

 データアソートパックは、提供する全データに含まれる約3200指標の中から必要な指標を選択し、組み合わせて月額課金で利用できるプラン。指標ごとに利用ポイントが設定されており、契約プランの利用可能ポイント範囲内で指標を選択できる。

 10~200ポイントまでの段階的な契約プランが用意され、税別料金は10ユーザーIDの場合、データアソートパック10で2万円。契約プラン変更と項目変更には設定作業費用として1回3万円が必要になる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]