編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

データ統合ソフト「Talend」新版、ストリームデータの分散処理に対応

NO BUDGET

2014-12-10 13:10

 Talendは12月9日、データ統合ソフトウェア群の新版となる「Talend 5.6」をリリースした。無償でダウンロードして利用できるオープンソース版と商用版があり、商用版はTalendと販売パートナー経由で販売される。価格は保守料金を含む1年間単位のサブスクリプションライセンスで190万円から。

 新版では、分散並列処理プログラミングフレームワーク「Apache Hadoop」への対応を強化した。具体的には、並列処理エンジン「Apache Spark」とストリームデータ分散処理基盤となる「Apache Storm」をサポートする。

 SparkとStormのサポートで例えばSparkを使用して大規模なバッチ分析ジョブ、インタラクティブなクエリやグラフの処理を100倍高速化する、あるいは「移動中のデータ」やストリーミング情報を高い性能で分析するためにStormを導入するといったことが可能になるという。

 MapReduceの処理性能も向上しており、独自のネイティブHadoopサポートのメリットを活かして、TPC-Hベンチマークのパフォーマンスは、5月にリリースされた前版に比べて24%、過去12カ月間で50%以上向上した。ユースケースによっては、約60%の性能向上としている。

 また新版では“モノのインターネット(Internet of Things:IoT)”領域にも対応するようになっている。機械が生成するデータやIoTでのセンサなどの端末からのMQTTとAMQPという2つのプロトコルをサポートし、センサデータが企業のリアルタイムなデータ統合に直接連携できるようにした。

 800以上あるアプリケーションコネクタとコンポーネントのリストも増やしている。データ統合ソフトウェア「Oracle GoldenGate」に含まれ、リアルタイム的にデータを統合する機能であるChange Data Capture(CDC)やHadoopディストリビューション「Microsoft HDInsight」をサポート。Salesforce.comやMarketoやNetSuiteなどのSaaSへの接続機能を強化している。

 Talendでは日本語ドキュメントの整備も進めている。その一環としてTalend V5.5を対象とした日本語マニュアルを提供している。このマニュアルは、商用製品のみならずオープンソース製品のユーザーにも無料で提供される。

 オープンソース版の「Talend Open Studio」と商用版の「Talend Enterprise」が用意されている。商用版は課題ごとにまとめられた「Talend Platform」も提供されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]