編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

富士通、データ分析ソフトにBIツール「QlikView」を統合

NO BUDGET

2014-08-14 17:06

 富士通は、同社のデータ分析ソフトウェア「FUJITSU Business Application Operational Data Management & Analytics」の提供するデータ分析モデルに、米Qlik Technologiesのビジネスインテリジェンス(BI)ツール「QlikView」を統合した。QlikView単体製品を含むラインアップで8月14日から販売を開始した。

 QlikViewは、直感的に操作できるというインターフェースで特別なスキルを持たなくても、簡単な操作でデータを分析、可視化できることで注目されている。営業やマーケティングなどの業務部門の現場担当者が自らデータを分析し、そこからビジネス上の気付きを得て、意思決定に活用することに支援する。


QlikViewでの分析結果の表示イメージ(左は売上分析、右はデシル分析。富士通提供)

 売り上げや商品戦略に直結する部門での素早い意思決定を促進するためのデータ利活用ニーズが高まっているため、特別なスキルがなくても、営業部門やマーケティング部門の担当者などがデータ分析を容易にできるユーザビリティが重要となってきていると指摘されている。こうしたニーズを受けて富士通では、5月13日に発表したOperational Data Management & AnalyticsにQlikViewを統合、データ利活用のノウハウとともに提供する。

 税別の販売価格は、QlikView単体がサーバライセンスとクライアントアクセスライセンス5つの最小構成で初年度サポート込み約300万円から、QlikViewを統合させたOperational Data Management & Analyticsが2000万円から(10~12月中に順次提供)、9月から提供予定のQlikViewの導入教育サービスが12万6000円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]