セールスフォース、レガシーデータのリアルタイム統合ツールを発表

Natalie Gagliordi (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2014-11-14 15:47

 Salesforce.comがリアルタイムのデータ統合ツール「Salesforce1 Lightning Connect」を発表した。レガシーシステムにあるデータにアクセスし、接続する「最速、簡単」な方法としている。

 Lightning Connectのサブスクリプション価格は月額4000ドルから。データ統合サービスを提供することで、Salesforceはエンタープライズ顧客の獲得を目指す。中でも、これまでレガシーシステムをSalesforceのエコシステムに移すのに苦労していた顧客をターゲットとする。

 サイロ型の古いレガシーシステムを利用してきた企業は、Salesforceのクラウドにデータを移行することができなかった。Lightning Connectでは統合技術を提供する多数のベンダーがアダプタを構築しており、これを利用することで統合の可能性が一気に広がる。ベンダーには、Informatica、Jitterbit、MuleSoft、Progress Software、SnapLogic、 SoftwareAGなどが参加している。企業はオンプレミスのアプリケーションとデータベースからデータを取り出し、Salesforceのエコシステム内で閲覧できる。

 Salesforceはまた、Lightning Connectとの統合にあたってコードを書く必要は一切なく、統合作業が高速に行える点も強調している。ここでは、オープンなデータ伝送プロトコルである「OData」を用いており、数カ月かかっていたデータ伝送時間は数分単位まで縮められるという。プロセスはリアルタイムで処理されるため、データは複製や保存ではなくストリームされる。そのため、古いデータがシステムに蓄積されることはないという。

 Salesforceは、PaaSによるアプリ開発クラウドの「Heroku」についても、新機能「Heroku External Objects」を発表した。企業はこれを利用して、Herokuの顧客向けアプリとForce.comの従業員向けアプリの間のデータを同期できるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]