黎明期のコンピュータ復元プロジェクト8選--機械式計算機やアナログコンピュータも

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2014年11月14日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Konrad Zuse氏という名前や、世界最初のコンピュータの1つを作り上げた際の同氏の役割はあまり世に知られていないとはいえ、コンピューティングの歴史は失われていない。

 情報化時代の扉を開いたコンピュータの収集、復元に情熱を傾けている人々が世界中にいる。

 英国のComputer Conservation Society(コンピュータ保存協会)は、コンピュータの保存に貢献したプロジェクトを対象とする第2回「Tony Sale Award for Computer Conservation and Restoration」の受賞候補として、8つのプロジェクトをノミネートしていた。そして現地時間11月8日、ロンドンで受賞者が発表された。

 本記事では、受賞候補に挙がっていた8つのプロジェクトと、復元によって息を吹き返した当時のマシンを紹介する。

IBM 1401--カリフォルニア州のコンピュータ歴史博物館(Computer History Museum)所蔵

 1960年代の半ば、世界のコンピュータの半数近くは「IBM 1400」シリーズをベースにしていたと言われている。

 「IBM 1401」は、初期のトランジスタ製コンピュータの皮切りとして世に出た製品であり、大昔のコンピュータにつきものの、野獣のような威圧感を持っている。演算処理装置の横幅は大型の戸棚ほどもあり、その内部には現代のプロセッサで顕微鏡サイズに縮小されているものと同等の機能を有した、50万個近くにのぼる専用の電子部品が収納されていた。この装置と周辺機器は50Hz電源で稼働し、それらの消費電力は1万2000ワットにもなった。

 コンピュータ歴史博物館が復元したIBM 1401はドイツから送られてきたものであり、3000枚のプリント基板を収納した中央処理装置と、機械式のカードリーダー/カードパンチ機、油圧制御機構を使用したチェーン式ラインプリンタ、バキュームカラムを装備したオープンリールの磁気テープ装置6台のほか、さらに時代を遡るパンチカード機もあった。

 50年以上前のコンピュータに息を吹き込むというのは、Sinclair Researchが30年以上前に英国で発売を開始した「ZX Spectrum」(編集部注:当時、英国で爆発的な人気を誇ったホームコンピュータ)のほこりを払う以上に大変な作業である。復元を担当したチームは、大量のさびという問題に直面した。こういったさびは可動部品の表面を腐食させるだけでなく、トランジスタにも及んでいた(当時のゲルマニウムトランジスタやクリスタルダイオードの合金接合面には鉄が使用されていたのだ)。

 チームはIBM 1401向けに用意された一連の診断命令を1つずつ実行するというデバッグ作業に数カ月を費やし、装置内の3000枚の基板に潜んでいた130カ所の不良を特定、修理した。また同博物館は、IBM 1401の磁気テープ制御ユニットをデバッグするために、「IBM 729」という磁気テープ装置の駆動部品を取り外し、アナログ/PC制御のハードウェアエミュレータとして機能する専用の磁気テープ装置を組み立てた。

 同博物館はその後、家族経営の会社で1995年まで稼働し続けていたIBM 1401も入手し、2台目として完動させるところにまで復元した。これらのマシンが故障停止するまでの期間は数カ月にも及んだという。

 このプロジェクトは第2回Tony Sale Awardで共同受賞の栄冠に輝いている。

 Konrad Zuse氏という名前や、世界最初のコンピュータの1つを作り上げた際の同氏の役割はあまり世に知られていないとはいえ、コンピューティングの歴史は失われていない。

 情報化時代の扉を開いたコンピュータの収集、復元に情熱を傾けている人々が世界中にいる。

 英国のComputer Conservation Society(コンピュータ保存協会)は、コンピュータの保存に貢献したプロジェクトを対象とする第2回「Tony Sale Award for Computer Conservation and Restoration」の受賞候補として、8つのプロジェクトをノミネートしていた。そして現地時間11月8日、ロンドンで受賞者が発表された

 本記事では、受賞候補に挙がっていた8つのプロジェクトと、復元によって息を吹き返した当時のマシンを紹介する。

IBM 1401--カリフォルニア州のコンピュータ歴史博物館(Computer History Museum)所蔵

 1960年代の半ば、世界のコンピュータの半数近くは「IBM 1400」シリーズをベースにしていたと言われている。

 「IBM 1401」は、初期のトランジスタ製コンピュータの皮切りとして世に出た製品であり、大昔のコンピュータにつきものの、野獣のような威圧感を持っている。演算処理装置の横幅は大型の戸棚ほどもあり、その内部には現代のプロセッサで顕微鏡サイズに縮小されているものと同等の機能を有した、50万個近くにのぼる専用の電子部品が収納されていた。この装置と周辺機器は50Hz電源で稼働し、それらの消費電力は1万2000ワットにもなった。

 コンピュータ歴史博物館が復元したIBM 1401はドイツから送られてきたものであり、3000枚のプリント基板を収納した中央処理装置と、機械式のカードリーダー/カードパンチ機、油圧制御機構を使用したチェーン式ラインプリンタ、バキュームカラムを装備したオープンリールの磁気テープ装置6台のほか、さらに時代を遡るパンチカード機もあった。

 50年以上前のコンピュータに息を吹き込むというのは、Sinclair Researchが30年以上前に英国で発売を開始した「ZX Spectrum」(編集部注:当時、英国で爆発的な人気を誇ったホームコンピュータ)のほこりを払う以上に大変な作業である。復元を担当したチームは、大量のさびという問題に直面した。こういったさびは可動部品の表面を腐食させるだけでなく、トランジスタにも及んでいた(当時のゲルマニウムトランジスタやクリスタルダイオードの合金接合面には鉄が使用されていたのだ)。

 チームはIBM 1401向けに用意された一連の診断命令を1つずつ実行するというデバッグ作業に数カ月を費やし、装置内の3000枚の基板に潜んでいた130カ所の不良を特定、修理した。また同博物館は、IBM 1401の磁気テープ制御ユニットをデバッグするために、「IBM 729」という磁気テープ装置の駆動部品を取り外し、アナログ/PC制御のハードウェアエミュレータとして機能する専用の磁気テープ装置を組み立てた。

 同博物館はその後、家族経営の会社で1995年まで稼働し続けていたIBM 1401も入手し、2台目として完動させるところにまで復元した。これらのマシンが故障停止するまでの期間は数カ月にも及んだという。

 このプロジェクトは第2回Tony Sale Awardで共同受賞の栄冠に輝いている。

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算