編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
調査

ベライゾンが示すデータ漏えい4分類--報告書のダイジェスト版を発表

NO BUDGET

2017-03-30 19:28

 ベライゾンは3月8日、2017年データ漏えい/侵害ダイジェストを発表した。

 同レポートでは、典型的な漏えい状況について詳述しており、 毎年発行されるデータ漏えい/侵害調査報告書(DBIR)の背後にあるサイバー調査の裏側を垣間見ることができる。同社では、データ漏えいの前兆の見分け方、証拠資料の重要性、迅速に調査する方法、漏えい阻止や回復方法を理解するために有効だとしている。

 2016年度、同社のRISK(Research、Investigations、Solutions、Knowledge)チームが調査したのは、40カ国以上で発生した500件を超えるサイバーセキュリティ事例。ダイジェスト版では16件のデータ漏洩状況を取り上げた。そのうち10件は、過去3年間にベライゾンの RISKチームが調査にあたった1400事例の60%を超える典型的なケースだという。

 同レポートでは、これら16の状況を4種類の漏えいタイプに分類し、下記のように特徴づけている。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]