編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

明暗くっきり--オールフラッシュ8割増、オールHDD2割減:IDC調査

NO BUDGET

2017-03-24 09:40

 IDC Japanの調べによると、2016年の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額は前年比8.9%減の1830億5000万円。その中で、オールフラッシュアレイ(AFA)は同84.3%増の168億5900万円、一方、オールHDDアレイは同21.6%減の1079億5600万円となった。

 AFAは大手ベンダーのビジネスが本格的に立ち上がったのに加え、重複排除/圧縮機能やストレージサービス機能の追加などで特定用向けの特殊なストレージから汎用ストレージへの移行が進んでいるという。ハイブリッドフラッシュアレイ(HFA)は同7.7%増の582億3500万円。AFAとHFAの合計比率は全体の41.0%(前年31.4%)という結果になった。

 2016年通年での売上額は1739億9800万円。ベンダー別では、売上額のトップ5は日立製作所(シェア19.7%)、富士通(17.5%)、デルテクノロジーズ(デルとEMC統合、15.9%)、IBM(9.9%)、NEC(7.5%)となった。

 2016年第4四半期(10~12月)の支出額は前年同期比16.1%減の425億500万円。同期のセグメント別内訳を見るとメインフレーム向けが同51.3%減の47億9000万円、オープンシステム向けが同7.7%減の377億1500万円。これについて、IDCでは、メインフレーム向けは2015年同期の金融向け大型案件の反動が出たとし、オープンシステム向けは、ハイエンドとミッドレンジの落ち込みが影響したとしている。


国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額推移(2010~2016年、IDC Japan提供)

 2016年通年でのセグメント別内訳は、メインフレーム向けが前年比27.5%減の243億4500万円、オープンシステム向けが同5.2%減の1587億500万円。2015年通年ではメインフレーム向け支出額は前年比27.2%増だった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]