編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

富士通とVMware、自動車向けIoTで協業拡大--ECUソフトの更新を堅牢に

NO BUDGET

2017-03-31 12:53

 富士通とVMwareは3月30日、自動車業界向けIoTソリューションでの協業を拡大すると発表した。富士通の無線通信を活用し、ソフトウェアをダウンロード、更新するOTA(Over The Air)リプログラミングソリューションにVMwareのIoTソリューションを組み合わせて提供する。

 自動運転車を含むコネクテッドカー市場の進展に伴い、自動車部品を制御する電子制御ユニット(Electronic Control Unit:ECU)の数が増加する。ECUソフトウェアは、より高度化し管理も難しくなってきており、必要に応じて迅速かつ容易に更新することが求められるようになっている。

OTAリプログラミングソリューションのイメージ図(ヴイエムウェア提供)
OTAリプログラミングソリューションのイメージ図(ヴイエムウェア提供)

 両社は、自動車メーカーやそのパートナー企業に対し、ECUソフトウェアの更新に関する堅牢なソリューションを提供する。

 VMwareのIoTソリューションと富士通のOTAリプログラミングソリューションを組み合わせることで、車両内のすべてのデバイスに対して、自動車メーカーが必要なときに無線通信でソフトウェアアップデート機能を迅速に提供できるという。

 富士通は、差分更新技術を適用したクラウド連携のOTAリプログラミングソリューションを提供し、これまで培ってきたセキュリティ技術を自動車設計開発から組み立て工場、ユーザーのガレージにまで適用していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]