自動車や家電にも決済機能を--IBMとVisaが新たな仕組みを構想

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年02月17日 13時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMとVisaは、モノが人間の代わりに決済を行える世界を目指しているようだ。

 VisaとIBMは、Visaが持つトークン技術と「Watson IoT Platform」を結びつけるパートナーシップを締結した。両社はまだ顧客に提供できる技術を持っていないが、新たなビジネスモデルが生まれつつあると考えている。

 今回の発表は、ミュンヘンに設置されたIBMのIoT拠点のお披露目として開催された「Genius of Things Summit」で行われたものだ。

 IBM Watson IoT事業部バイスプレジデントのBret Greenstein氏は、許可を与えらたIoTデバイスが、人間の代わりに決済を行う仕組みを説明した。VisaとIBMの構想では、さまざまなエンドポイントに物品を購入する許可が与えられる可能性がある。

 例としては、自動的に補給され、1カップごとに課金されるコーヒーメーカーが考えられる。プリンターやコピー機なども市場になり得るだろう。自動車や家電、材料が提供されるレシピや、医療にも可能性がある。同様のモデルは、消耗品を必要とする多くのビジネスに適用できると考えられる。

 技術的には、IBMのクラウドインフラで管理されているデバイスとVisaのトークン共有アーキテクチャを組み合わせて利用することになる。Visaのトークンサービスは、決済に使用されるカードの情報に一意なデジタルIDを割り振る。IBMのIoTクラウドはこれらのトークンを管理し、デバイスと結びつける。

 IBMにとって、Visaとのパートナーシップは、ブロックチェーン技術を含む同社のコマースに関連する幅広い構想の一部だ。IBMのWatson IoT部門は、今後5年間でVisaに対して200億個のデバイスに対するアクセスを提供することを目指している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算