セキュリティ人材の育成を加速--NICTがトレーニングセンターを設置

ZDNet Japan Staff

2017-04-03 15:33

 情報通信研究機構(NICT)は4月3日、サイバーセキュリティ分野の人材を育成する「ナショナルサイバートレーニングセンター」を設置したと発表した。併せて25歳以下を対象にセキュリティ技術者を育成する「SecHack365」プロジェクトも開始した。

 ナショナルサイバートレーニングセンターは、NICTが政府や自治体向けに実施するサイバー防御演習「CYDER」(CYber Defense Exercise with Recurrence)や、2020年の東京五輪・パラリンピックを想定したサイバー演習「サイバー・コロッセオ」と、SecHack365の実施を担う。また、サイバートレーニング事業の企画や推進、高度化に向けた研究開発などについて助言する「ナショナルサイバートレーニングセンター・アドバイザリーコミッティー」の設置も予定している。

 SecHack365では、将来のサイバーセキュリティ分野の研究者や起業家候補となる25歳以下の学生や若手社会人を対象に、1年にわたってセキュリティ技術の研究開発の指導や、国内外の研究者・技術者との交流を行う。同日から募集を開始し、40人程度を選抜することにしている。

 CYDERは2016年度に全国11地域で39回実施されたが、NICTの計画では2017年度に全都道府県で100回実施するとし、サイバー演習の規模を大幅に拡大させる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]