ネットワークセキュリティの要諦

東京五輪に20万人が不足--「サイバーセキュリティ人材育成」の今

松原 実穗子 2017年03月30日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ではサイバーセキュリティ人材が不足しており、人材育成が急務となっています。経済産業省が2016年に実施した調査結果によると、現在の情報セキュリティの人材不足は13万2060人に及んでいるとのことです。また、ユーザー企業の約半数が情報セキュリティ人材の不足を感じていると回答しており、必要人数を確保できていると回答したのは26%にすぎません。


 さらには、日本で東京五輪が開催される2020年には、情報セキュリティ人材の不足数が19万3010人まで増加する見込みとのことです。東京五輪の成功には、物理面・サイバー空間の双方の安全安心が不可欠であり、円滑な開催のためにも、また2020年以降の日本のサイバーセキュリティの良きレガシーを残すためにも、20万人近い人材不足は由々しき事態と言えます。

 しかし、サイバーセキュリティ人材と一言でいっても、具体的にはどのようなスキルや知見を有した人々を指すのでしょうか。その定義の明確化と、日本が必要としている人材の確保に向け、政府と産業界の双方から多様な知見を有する人材育成の動きが始まっています。

サイバーセキュリティに必要な「橋渡し役人材」

 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、2017年中に、次期サイバーセキュリティ人材育成プログラムを発表するとしています。

 2016年12月時点のサイバーセキュリティ戦略本部普及啓発・人材育成専門調査会の構想では、企業の責任を果たすためのサイバーセキュリティを理解し、ビジネスの中でサイバーセキュリティを推進していく経営層、情報システム部門、事業部門、人事部門、法務部門のそれぞれの専門知識を有しつつ、サイバーセキュリティについても理解・推進できる人材、つまり、経営層と各セキュリティ担当との「橋渡し役人材(旗振り役)」の必要性が指摘されています。

 この橋渡し人材という用語は、2015年9月のサイバーセキュリティ戦略でも登場し、「経営層の示す経営方針を理解し、サイバーセキュリティに係るビジョンの提示や、実務者層との間のコミュニケーションの支援」をする人材と位置づけられています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算