編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Azure Stack」のプレビュー版を改訂--DB、サーバレスなど新サービスも

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-04-07 11:48

 Microsoftは米国時間4月6日、「Microsoft Azure Stack」の3回目のテクニカルプレビュー版(3月にリリースされ、テクニカルプレビューとしてはこれが最後だとされていた)に新たな機能や修正を数多く盛り込んだバージョンをリリースした。

 今回のバージョンはAzure Stackの4回目のテクニカルプレビュー版(TP4)というわけではない。しかし、数々の機能や修正を見た場合、そう呼んでもよいかもしれない。


 今回のアップデートには、「Azure App Service」(ウェブアプリやAPIアプリ、モバイルアプリ)と、サーバレスコンピューティングを実現する「Azure Functions」、改訂版のSQL/MySQLデータベースサービスがプレビューとして含まれている。

 これに加えて、Microsoftの同アップデートに関するブログ投稿には、「フィードバックと、複数の機能向上およびバグ修正に基づき、われわれは『Azure Stack Technical Preview 3(TP3)』の改訂も実施し、配備と運用のエクスペリエンスを向上させた」と記されている。

 今回の新たな「Azure PaaS」のサービスを試用するには、まずTP3にアップデートする必要がある。TP3では、管理者向けとテナント向けの機能の双方が強化されている。

 Microsoftは2017年半ばに予定しているAzure Stackの正式リリースに向け、3月1日にTP3をリリースしている。Azure Stackはハイブリッドクラウドを実現するための製品であり、これをバンドルしたサーバはHewlett Packard Enterprise(HPE)とDell Technologies、Lenovo、Cisco Systemsから提供される予定だ。ユーザーはAzure Stackがバンドルされたアプライアンスを稼働させることで、自社の、あるいはパートナー企業のオンプレミスデータセンター内で、Microsoftのパブリッククラウドである「Microsoft Azure」の多くの機能を利用できるようになる。

 同社は3月にTP3をリリースした際、Azure Functionsや、仮想マシン(VM)拡張のための連携機能、マルチテナントのサポートをAzure Stackに追加する予定だと述べていた。また、ブロックチェーンや「Cloud Foundry」のほか、「Apache Mesos」のテンプレートワークロードも近い将来に追加する予定だと述べていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]