編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Azure Stack」のプレビュー版を改訂--DB、サーバレスなど新サービスも

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-04-07 11:48

 Microsoftは米国時間4月6日、「Microsoft Azure Stack」の3回目のテクニカルプレビュー版(3月にリリースされ、テクニカルプレビューとしてはこれが最後だとされていた)に新たな機能や修正を数多く盛り込んだバージョンをリリースした。

 今回のバージョンはAzure Stackの4回目のテクニカルプレビュー版(TP4)というわけではない。しかし、数々の機能や修正を見た場合、そう呼んでもよいかもしれない。


 今回のアップデートには、「Azure App Service」(ウェブアプリやAPIアプリ、モバイルアプリ)と、サーバレスコンピューティングを実現する「Azure Functions」、改訂版のSQL/MySQLデータベースサービスがプレビューとして含まれている。

 これに加えて、Microsoftの同アップデートに関するブログ投稿には、「フィードバックと、複数の機能向上およびバグ修正に基づき、われわれは『Azure Stack Technical Preview 3(TP3)』の改訂も実施し、配備と運用のエクスペリエンスを向上させた」と記されている。

 今回の新たな「Azure PaaS」のサービスを試用するには、まずTP3にアップデートする必要がある。TP3では、管理者向けとテナント向けの機能の双方が強化されている。

 Microsoftは2017年半ばに予定しているAzure Stackの正式リリースに向け、3月1日にTP3をリリースしている。Azure Stackはハイブリッドクラウドを実現するための製品であり、これをバンドルしたサーバはHewlett Packard Enterprise(HPE)とDell Technologies、Lenovo、Cisco Systemsから提供される予定だ。ユーザーはAzure Stackがバンドルされたアプライアンスを稼働させることで、自社の、あるいはパートナー企業のオンプレミスデータセンター内で、Microsoftのパブリッククラウドである「Microsoft Azure」の多くの機能を利用できるようになる。

 同社は3月にTP3をリリースした際、Azure Functionsや、仮想マシン(VM)拡張のための連携機能、マルチテナントのサポートをAzure Stackに追加する予定だと述べていた。また、ブロックチェーンや「Cloud Foundry」のほか、「Apache Mesos」のテンプレートワークロードも近い将来に追加する予定だと述べていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]