マイクロソフト、建設会社とHoloLensで協業--3Dで現場を細かく把握

怒賀新也 (編集部) 2017年04月20日 16時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトと新潟県の小柳建設は4月20日、都内で共同記者会見を開催し、建設会社の業務に、Windows 10を搭載するマイクロソフトのホログラム技術「HoloLens」を総合的に活用するプロジェクト「Holostruction」の推進で両社が協業すると発表した。

 Holostructionは、建設における計画、施行や工事、検査の効率化とアフターメンテナンスのトレーサビリティを可視化するコンセプトモデル。

HoloLensにより現場から離れた発注者が現場の状況を把握した上で意思決定できる
HoloLensにより現場から離れた発注者が現場の状況を把握した上で意思決定できる

 ホログラム技術により、建設現場などにおいて、工事計画などの詳細情報を仮想的なスクリーン上に投影するといった手法による業務の透明性確保や、建築関係文書などのデジタル化、現場の作業者と同じ視界を共有した上で関係者がコミュニケーションを実施するなど、建設業における総合的なデジタル変革を推進するのが狙いだ。

 小柳建設の社長を務める小柳卓蔵氏は、建設業界が抱える課題に、少子高齢化に伴う就労人口の減少や建設事業の構造改革、法制度や環境を挙げ、これらへの対応に迫られていると指摘する。

 そうした課題を解決する施策の1つとしてHololensに着目したという。Holostructionでは特に、事業の透明性、安全性、現場の効率をそれぞれ高めていくという3点をコンセプトとしている。

 導入プロジェクトは「全社的な取り組み」として進めた。土木などの現場担当者やIT担当者などが集まったチームを編成したという。高年齢社員も多い中「当初はホログラム技術に懐疑的だった社員も、実物を見て“とんでもないことが起きているようだ”」という印象を持つようになっていたと話している。

下記は発表会での動画や資料などから抜粋したもの。

計画段階、検査中でも立体的に建物の様子が分かる

計画段階、検査中でも立体的に建物の様子が分かる

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算