編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

2008年に流行したワーム「Downad」の検出急増、IPA「原因不明」

ZDNet Japan Staff

2017-04-25 07:00

 情報処理推進機構(IPA)は4月24日、2017年第1四半期(1~3月)の「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況」を発表した。2008年に出現した「W32/Downad」(別名Confickerなど)ワームの検出報告が急増している。

 それによると、W32/Downadの検出報告は前四半期比で約67倍増となる5677個(前四半期は85個)だった。直近2年間のW32/Downadの検出報告は数十個から数百個で推移している。IPAでは「報告を集計した結果のため、増加の原因は不明」と説明している。


2017年第1四半期の検出ウイルスの数(出典:IPA)

 W32/Downadは2008年頃に出現し、Windows Serverサービスの脆弱性を突いて感染を広げた不正プログラム。ネットワークだけでなくUSBメモリなどでも感染することから、当時は企業システムを中心に大規模な感染被害が相次いで発生した。

 W32/Downad以外では、認証情報やcookie情報などを搾取するマルウェア「W32/Ramnit」の検出報告も1199件寄せられ、前四半期は117件から大きく増加している。

 不正プログラム全体の検出数は12万4230個だった。種類別ではダウンローダ型が8万1804個で最も多いが、前四半期からは約13%減少した。検出経路では全体の約88%をメールが占めていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]