編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
企業決算

マイクロソフトの第3四半期、クラウドが好調--「Surface」は低迷

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-04-28 11:42

 Microsoftは米国時間4月27日、2017会計年度第3四半期決算(3月31日締め)を発表した。売上高は221億ドルで、純利益は48億ドル、1株あたりの利益は61セントだった。非GAAPベースの売上高は236億ドル、1株あたり利益は73セントとなった。コマーシャルクラウドの年間売上ランレートは152億ドルを超えるという。

 アナリストらの予想では、非GAAPベースの1株あたり利益は70セント、売上高は236億2000万ドルだった。アナリストらが注目していたのは、主にMicrosoftのクラウド事業とLinkedInの統合だ。

 最高経営責任者(CEO)のSatya Nadella氏は声明文で、クラウド事業が好調だったと述べている。

 プロダクティビティ&ビジネスプロセス事業部の売上高は、前年同期比22%増の80億ドルだった。法人向けの「Office」や「Dynamics」「LinkedIn」などを抱え、Microsoftが強みとする部門だ。買収したLinkedInの売上高は9億7500万ドルとなった。

Microsoft
Microsoft

 インテリジェントクラウドの売上高は前年同期比11%増の68億ドルだった。サーバ製品とクラウドサービスの売上高は前年同期比15%増となった。More Personal Computingの売上高は前年同期比7%減の88億ドルとなった。Surfaceの売上高は26%減少した。

Microsoft

 「Azure」は「コマーシャルクラウド」としてまとめられているため、売り上げの内訳は明らかになっていない。コマーシャルクラウドのランレートは、法人向けの「Office 365」や、「Microsoft Azure」「Dynamics 365」といったクラウド製品の同四半期最終月(今四半期は3月)の売上高を12倍して算出されている。

 Ervercore ISIは、第4四半期のAzureのランレートは44億ドルに達すると予想している。

Ervercore ISI

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]