編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
企業決算

マイクロソフトの第3四半期、クラウドが好調--「Surface」は低迷

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-04-28 11:42

 Microsoftは米国時間4月27日、2017会計年度第3四半期決算(3月31日締め)を発表した。売上高は221億ドルで、純利益は48億ドル、1株あたりの利益は61セントだった。非GAAPベースの売上高は236億ドル、1株あたり利益は73セントとなった。コマーシャルクラウドの年間売上ランレートは152億ドルを超えるという。

 アナリストらの予想では、非GAAPベースの1株あたり利益は70セント、売上高は236億2000万ドルだった。アナリストらが注目していたのは、主にMicrosoftのクラウド事業とLinkedInの統合だ。

 最高経営責任者(CEO)のSatya Nadella氏は声明文で、クラウド事業が好調だったと述べている。

 プロダクティビティ&ビジネスプロセス事業部の売上高は、前年同期比22%増の80億ドルだった。法人向けの「Office」や「Dynamics」「LinkedIn」などを抱え、Microsoftが強みとする部門だ。買収したLinkedInの売上高は9億7500万ドルとなった。

Microsoft
Microsoft

 インテリジェントクラウドの売上高は前年同期比11%増の68億ドルだった。サーバ製品とクラウドサービスの売上高は前年同期比15%増となった。More Personal Computingの売上高は前年同期比7%減の88億ドルとなった。Surfaceの売上高は26%減少した。

Microsoft

 「Azure」は「コマーシャルクラウド」としてまとめられているため、売り上げの内訳は明らかになっていない。コマーシャルクラウドのランレートは、法人向けの「Office 365」や、「Microsoft Azure」「Dynamics 365」といったクラウド製品の同四半期最終月(今四半期は3月)の売上高を12倍して算出されている。

 Ervercore ISIは、第4四半期のAzureのランレートは44億ドルに達すると予想している。

Ervercore ISI

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]