編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

「Windows 10」の新ビルド16184で新機能「My People」が追加

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-05-01 10:10

 Microsoftは「Windows 10」のメジャーアップデート「Creators Update」で「My People」の搭載を見送ったが、「Windows Insider」プログラムの「Fast Ring」テスターを対象とする最新のPC向けビルドには、この機能が含まれている。


 Microsoftが米国時間4月28日、テスターにリリースしたPC向け「Windows 10 Build 16184」には、My Peopleが搭載されている。この機能を利用すると、選択した連絡先と、より簡単にコミュニケーションをとることができる。My Peopleは、特定の相手(現在は最大3人まで)をタスクバーにピン留めする機能や、複数のコミュニケーションアプリをまとめて確認できる機能、チャットに使用するアプリを選択できる機能を提供する。

 Microsoftの28日のブログ記事からすると、「Share」(共有)機能は、まだMy Peopleでテストできる段階に達していないようだ。

 My Peopleをテストするには、Skype、「Mail」、および「People」アプリの最新の「Windows Store」版が端末にインストールされている必要がある。

 Microsoftは、今もサポートが提供されており、Creators Update以降のバージョンを実行できる一部の「Windows Phone」端末を対象に、新しい「Windows 10 Mobile」ビルド(Fast Ringテスター向けの新テストビルド「Windows 10 Mobile Build 15208」)の提供も開始した。

 28日に公開された最新テストビルドには、Windows 10とWindows 10 Mobileのさまざまな変更点や修正が含まれる。既知の問題もいくつかあるので、インストール前に必ず確認してほしい。

 Microsoftは次のメジャーアップデート「Redstone 3」の提供を9月に開始する予定であることを、4月に明らかにしている。

 同社は5月中旬にシアトルで開催する「Build」開発者会議で、Redstone 3の詳細を明らかにするとみられる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]