IBM Power Systemsで西ナイルウィルスを媒介する蚊のゲノム構築--ベイラー医科大学

NO BUDGET 2017年05月09日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベイラー医科大学の研究者チーム(TC4GA)が、西ナイルウィルスを媒介するネッタイイエカの12億文字のゲノムを構築した。この研究には、IBM、Mellanox、NVIDIAのテクノロジが利用されている。新しいゲノム構築により、ウィルスが伝播に用いる蚊の弱点を突き止め、西ナイルウィルス対策の強化を図ることが可能になった。

 4月27日、IBMはTC4GAの成果を伝えるとともに、今回利用された高性能コンピューティングシステムの活用内容を伝えている。

 VOLTRONと名付けられた高性能コンピューティングシステムは、IBM Power Systemsをベースとしており、幅広いデータ分析を必要とする研究に求められるスケーラブルなHPC性能を提供する。TC4GAは、米国エネルギー省オークリッジ国立研究所などによる、世界有数のスーパーコンピューティングコミュニティに参加しており、今回の研究にもVOLTRONを利用した。

 TC4GAは、今回、VOLTRONの3Dアセンブリを活用し、DNAの折りたたみパターンによるゲノム探索(シーケンス)方法を採用した。これにより、細胞核を縦横に交差するゲノムを効率的に探し出すことができる。その結果、2〜3週間と1万ドル足らずでヒトゲノム計画と同等のゲノムシーケンスが可能になった。ヒトゲノム計画には10年の歳月と40億ドルのコストがかかっていた。

 VOLTRONは、それぞれ8個のNVIDIA Tesla GPUを搭載した4つのシステムのクラスターで構成されている。Tesla GPUは、NVIDIAの技術者によってチューニング済みのものを利用した。

 なお、TC4GAは、VOLTRONの能力を最大限に高めるために、Mellanoxのインターコネクト技術とアクセラレーションエンジンを利用している。また、IBMとNVIDIAのコラボレーションによって構築されたNVIDIA Teslaアクセラレーテッドコンピューティングプラットフォームも、TC4GAの研究を支援した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算