編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

Dell Technologies、製品とサービスの新しい提供モデルを発表

Asha McLean (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-05-09 12:21

 Dell Technologiesは米国時間5月8日、米ラスベガスで開催中の「Dell EMC World」で、最新の事業計画を発表した。これには、「アズ・ア・サービス」のように製品やサービスに支払うことができる最新のプランも含まれている。

 Dellはここで「DFS Flex on Demand」「Cloud Flex for HCI」などの最新の課金モデルを発表したが、これらは「Dell Financial Services」を活用したもので、顧客がより簡単にDellの製品やサービスにアクセスできるようにするという全社レベルのアプローチの一部となる。これにより、これまで設備投資だった支払いが経常費に変わり、ITトランスフォーメーションを加速できるとしている。

 クラウドのような消費モデルはDell EMCのストレージソリューション、ハイパーコンバージドインフラ、仮想デスクトップのほか、PCでも利用できる。

 DFS Flex on Demandはストレージで利用可能で、顧客は必要なストレージキャパシティに対してのみ支払うことになる。ピーク時には追加のキャパシティに瞬時にアクセスできる。

 Cloud Flex for HCIはまずハイパーコンバージド製品ファミリで提供される。クラウドのような消費モデルで、顧客は月額料金を支払って「Dell EMC VxRail」アプライアンスや「Dell EMC XC」シリーズを利用できる。

 「PCアズ・ア・サービス」は、DellのPCハードウェア、ソフトウェア、そして実装、管理、セキュリティ、サポートなどのエンドツーエンドのサービスを組み合わせ、月額でこれらを利用できるというものだ。

 これに加えて、「Dell EMC VDI Complete Solutions」も発表された。デスクトップとアプリケーション仮想化技術を検討している企業が、単一に集約されたチャネルからサービスとして購入、実装、管理できるものとなる。

 同社はまた、第14世代の「PowerEdge」サーバ、オールフラッシュストレージポートフォリオ、SDS(ソフトウェア定義ストレージ)製品なども発表した。

 これらに加えて、Dell Technologiesの投資部門Dell Technologies Capitalが年間1億ドルをスタートアップに投資する計画も発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]