編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Dell Technologies、製品とサービスの新しい提供モデルを発表

Asha McLean (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-05-09 12:21

 Dell Technologiesは米国時間5月8日、米ラスベガスで開催中の「Dell EMC World」で、最新の事業計画を発表した。これには、「アズ・ア・サービス」のように製品やサービスに支払うことができる最新のプランも含まれている。

 Dellはここで「DFS Flex on Demand」「Cloud Flex for HCI」などの最新の課金モデルを発表したが、これらは「Dell Financial Services」を活用したもので、顧客がより簡単にDellの製品やサービスにアクセスできるようにするという全社レベルのアプローチの一部となる。これにより、これまで設備投資だった支払いが経常費に変わり、ITトランスフォーメーションを加速できるとしている。

 クラウドのような消費モデルはDell EMCのストレージソリューション、ハイパーコンバージドインフラ、仮想デスクトップのほか、PCでも利用できる。

 DFS Flex on Demandはストレージで利用可能で、顧客は必要なストレージキャパシティに対してのみ支払うことになる。ピーク時には追加のキャパシティに瞬時にアクセスできる。

 Cloud Flex for HCIはまずハイパーコンバージド製品ファミリで提供される。クラウドのような消費モデルで、顧客は月額料金を支払って「Dell EMC VxRail」アプライアンスや「Dell EMC XC」シリーズを利用できる。

 「PCアズ・ア・サービス」は、DellのPCハードウェア、ソフトウェア、そして実装、管理、セキュリティ、サポートなどのエンドツーエンドのサービスを組み合わせ、月額でこれらを利用できるというものだ。

 これに加えて、「Dell EMC VDI Complete Solutions」も発表された。デスクトップとアプリケーション仮想化技術を検討している企業が、単一に集約されたチャネルからサービスとして購入、実装、管理できるものとなる。

 同社はまた、第14世代の「PowerEdge」サーバ、オールフラッシュストレージポートフォリオ、SDS(ソフトウェア定義ストレージ)製品なども発表した。

 これらに加えて、Dell Technologiesの投資部門Dell Technologies Capitalが年間1億ドルをスタートアップに投資する計画も発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]