編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

2017年の個人向けクラウドストレージサービス市場は677億に--ICT総研調査

NO BUDGET

2017-05-20 07:00

 ICT総研は、4月26日、クラウドストレージサービスの市場動向に関する調査結果を発表した。

 これによると、2017年度の国内クラウドストレージサービス市場の規模は677億円で、利用者は4353万人になることが分かった。同調査は、クラウドストレージサービス運営会社・関連企業への取材結果に加え、インターネットユーザー4292人へのウェブアンケート調査、各種公開資料などをまとめて分析したもの。アンケート実施期間は2017年4月10日〜4月13日。

 国内の個人向けクラウドストレージサービス利用者は、2014年度(2015年3月末)では2788万人だったが、2019年度には4948万人へと増える見込み。このうち有料サービスの利用者数は、2017年度で1157万人に達し、2019年度に1365万人へと増加するとみられ、市場規模は2019年度には775億円に拡大すると予測される。

 有料サービス利用者のうち、毎月300〜1000円までの料金を払っているユーザーが全体の49%。平均的な月額利用料金は500円程度とみられる。男女別の利用率で見ると、有料サービスの利用率は男性が13.0%であるのに対して女性は8.7%と少なめで、年齢別では20代の有料サービス利用率が12.7%で他の年代と比べて高く、10代は無料サービスの利用率が42.2%で高い傾向にあるという。


国内の個人向けクラウドストレージサービスの市場規模

 クラウドストレージサービスの利用者は、4292人のうち1702人で、多くのユーザーは複数のサービスを併用して使い分けている。最も利用者数が多かったのは、iCloud Drive(アップル)で714人。次いでDropbox、Google Drive、マイクロソフトOneDrive、ヤフージャパンが提供するYahoo!ボックスと続いている。また、顧客満足度では、Google Driveが最も満足度ポイントが高く75.4ポイント。次いでAmazon Drive、Dropbox、Evernote、マイクロソフトOneDrive、Yahoo!ボックス、iCloud Driveと続いている。


個人向けクラウドストレージサービスの利用サービス名

個人向けクラウドストレージサービス利用者の顧客満足度

 用途は音楽コンテンツの保管などが挙げられている。アンケート調査の回答結果ではどのサービスも写真・動画の保管のために利用する傾向がみられ、Dropbox、Google Drive、マイクロソフトOneDriveのユーザーは文書保管としての利用も多い。iCloud Drive、Amazon Drive、Yahoo!ボックスのユーザーは特に写真・動画を多く保管する傾向が見られた。ICT総研では、Dropbox、Google Drive、マイクロソフトOneDriveのユーザーがビジネス利用の頻度が高いのに対して、iCloud Drive、Dropbox、Yahoo!ボックスのユーザーは個人のエンターテイメント利用の度合いが大きいためとしている。

 また、どのサービスにおいても写真・動画の保管を目的とした利用者が昨年の調査結果と比べて増加しており、容量の大きい写真・動画を保管するためのサービスとしてクラウドストレージサービスのニーズはますます高まってきているという。ICT総研によると、こうしたニーズに対してクラウドサービス事業者は、写真・動画を無料で保管するサービスの提供に注力しており、写真・動画管理アプリがユーザー囲い込みのための重要な手段として位置付けられているとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]