編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

「Cloudflare Apps」が刷新--新ファンドも発表

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-06-28 10:31

 Cloudflareは米国時間6月27日、SaaSビジネス向けと、アプリケーション配備を目的とした新しい無償スイート「Cloudflare Apps」を発表した。

 この新プラットフォームを用いることで、ウェブサイトのオーナーは自らのインターネットアプリケーション内にサードパーティーのサービスをより簡単にインストールできるようになる。その一方で開発者が、Cloudflareネットワーク上のあらゆる人々に向けてSaaSアプリケーションを容易に配布できるよう支援する。

Cloudflare
提供:Cloudflare

 またこのプラットフォームによって、サードパーティーの開発者らはCloudflareネットワークを使用できるようになるとともに、そのAPIを用いることで、Cloudflareのインフラと互換性のあるアプリを開発し、そうしたアプリから収益を得られるようになる。

 CloudflareはCloudflare Appsの普及に向け、同社に投資している企業のうちの3社であるNew Enterprise Associates(NEA)とVenrock、Pelion Venture Partnersから調達した1億ドルの資金に基づく、「Cloudflare Developer Fund」(Cloudflare開発者基金)を新たに発表した。これにより、同プラットフォームの普及に向けたアプリケーションの開発に興味を持つ企業に資金が供与されることになる。

 Cloudflareは今回の発表で、「今までは、Cloudflareの社内開発チームだけがCloudflareの規模を活用したアプリケーションを開発できた。Cloudflare AppsプラットフォームはCloudflareのネットワークをサードパーティー開発者に開放するものとなる。Cloudflare Developer Fundによって、このプラットフォーム上に構築されるアプリケーションの開発資金が、Cloudflareの規模とリーチを理解している投資家から援助される」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]