Petyaの亜種、WannaCryから改造したバックドアを挿入か

ZDNet Japan Staff 2017年07月05日 09時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウクライナを中心に発生したマルウェア「Petya」の亜種(別名:GoldenEye、NotPetyaなど)の大規模な感染被害で、Petyaの亜種がWannaCry攻撃の際に使われたバックドア「DoublePulsar」を改造したバージョンを使用するという。

 Petyaの亜種を解析したCheck Point Software Technologiesによると、改造版の「DoublePulsar V2.0」(Check Pointが命名)は、従来のDoublePulsarとほぼ同じように動作するが、実装が一部異なる。このため、従来のDoublePulsarに対応した検出ツールでは、DoublePulsar V2.0による通信を検出することが困難だと指摘している。

 5月に発生したWannaCryの大規模な感染攻撃では、4月に「Shadows Brokers」を名乗る組織が流出させたSMB v1の脆弱性情報や、この脆弱性を悪用するエクスプロイトの「EternalBlue」、EternalBlueによって感染マシンに埋め込まれるDoublePulsarが利用された。この手法は、同時期に発生した他のマルウェア感染攻撃にも使われている。

 Petyaの亜種については、初期の感染経路が特定されていないものの、攻撃者がWannaCryの感染、拡散手法を参考にしつつ、Windowsの正規ツールを悪用するなど、従来の手法に変更を加えた可能性が指摘されている。

 WannaCryやPetyaの亜種などに感染したマシンでは、WannaCryやPetyaの亜種などを駆除してもDoublePulsarが残存する恐れがあり、攻撃者によって遠隔操作されたり、別のマルウェアに感染させられたりするなどの危険がある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]