インテル、「Xeon Scalable」プロセッサ発表--データセンター強化へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-07-12 11:47

 Intelは米国時間7月11日、「Skylake」アーキテクチャをベースとした最新世代の「Xeon」サーバチップファミリ「Xeon Scalable」を発表した

Intel Xeon Scalableプロセッサ
提供:Intel Corporation

 IntelはXeon Scalableについて、クラウドコンピューティング、AI(人工知能)などさまざまなユースケースを挙げており、この10年で業界「最大のデータセンターの進化」を示すと述べている。性能は前世代のチップと比較して最大1.65倍という。

 システムはIntelのデータストレージ、ネットワーキング、メモリ製品と密に連携する。このプラットフォームはIntelによるAMDに対する回答とも言える。AMDは先に最新の「Zen」ベースのCPUを発表している。また、Intelのデータセンターの取り組みを拡大するものとなる。

 Intelによると、早期出荷プログラムの下ですでに50万個以上のXeon ScalableプロセッサをGoogle、Amazon Web Services(AWS)など主要なクラウド事業者に販売したという。Dell EMCやHewlett Packard Enterprise(HPE)などのサーバベンダーも、間もなくこの新しいチップをベースとするシステムを発表する可能性がある。

 Intelのデータセンターグループでゼネラルマネージャーを務めるNavin Shenoy氏は、「データセンターとネットワークインフラは個別化医療、AI、5Gに向けたアジャイルなネットワークといった新しいユースケースをサポートする必要があり、大きな変革を迎えている」と述べている。

 新しいXeon Scalableチップファミリの特徴の1つが、メッシュアーキテクチャの導入だ。データが直接コア間に流れるため性能を改善できるという。Intelによると、チップは最大28コア、56スレッドをサポートするという。

 Xeon Scalableは最大6Tバイトのシステムメモリをサポートし、2ソケットから8ソケットシステムまで拡張できるという。このほかプラットフォームでは「AVX-512」「QuickAssist」「Optane」SSD、「Omni-Path」ファブリックなどのサポートも含まれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]