編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Google Analytics」、自然言語クエリをサポート

Natalie Gagliordi (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-07-19 10:38

 「Google Analytics」で、ユーザーが自然言語クエリを使って、自分のデータに関するさまざまなことをシステムに質問できるようになる。

 Googleによると、この機能は「Search」や「Android」といったGoogle製品で現在使われているものと同じ自然言語処理技術を使用するという。

 この機能が公開されたら、ユーザーはクエリを入力または発声して、基本的な数字やパーセンテージから、チャートやグラフといった詳細な視覚情報まで、さまざまな分析データを即座に受け取れるようになる。

 Googleによると、企業のさまざまな人々がデータ分析をより簡単に利用できるようにすることで、アナリストにより複雑な研究や発見に集中できる環境をもたらす狙いがあるという。

 質問可能な機能は、「Analytics Intelligence」プラットフォームの一部だ。同プラットフォームは、Googleの機械学習機能群で構成されており、企業が自社のデータをより深く理解できるように支援する。Googleのブログ記事によると、Analytics Intelligenceは「smart lists」「smart goals」「session quality」「automated insights」などの機能を備え、新しいメトリクスを提示するようになるという。

 この自然言語機能は、時間の経過とともに、ユーザーがどのような質問や洞察に最も関心を持っているのかを学習し、より賢くなっていくという。

Google Analytics
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]