マイクロソフト、次世代「HoloLens」にAIコプロセッサを搭載へ

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)

2017-07-25 10:11


 Microsoftが、同社の複合現実(MR)ヘッドセット「HoloLens」に搭載する次世代の「Holographic Processing Unit」(HPU)に、人工知能(AI)コプロセッサを組み込むことを明らかにした。

 Microsoftが米国時間7月23日、「CVPR(Computer Vision and Pattern Recognition)2017」カンファレンスで明らかにしたところによると、新しいHPUは現在開発中だという。AIコプロセッサを組み込む目的は、ディープニューラルネットワークの実装だ。

 Microsoftのブログによると、同社のAI and Research Group担当エグゼクティブバイスプレジデントであるHarry Shum氏は、CVPRカンファレンスの基調講演で「初期のHPUセカンドバージョンを使ったリアルタイムのコード実装による手領域の抽出」のデモンストレーションを行ったという。

 Microsoftは現行のHoloLensを設計する際、カスタムマルチプロセッサのHPUを開発した。HPUは、デバイスのオンボードセンサからの情報を処理できる。

 Microsoftはこのところ、「インテリジェントエッジ」に処理能力を集中させる自社の取り組みについて喧伝している。新しいプロセッサを搭載したHoloLensは、このビジョンに沿ったものとなると思われる。

 一方で、次世代HoloLensが出るとすればどのような製品になるのかについて、同社は多くを語っていない。Microsoftは2017年にリリース予定だったHoloLensバージョン2の開発を断念し、代わりにバージョン3へ移行すると報じられている。情報筋によると、バージョン3は2018年末か2019年初めに発売となる可能性がある。AIコプロセッサを組み込んだ新HPUを搭載するのが、このバージョンになると思われる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]