編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

Outlookに脆弱性、マイクロソフトが臨時パッチ公開

ZDNet Japan Staff

2017-07-28 11:57

 Microsoftは米国時間7月27日、Outlookの脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムを定例外でリリースした。脆弱性は3件あり、いずれも深刻度は「重要」に分類されている。

 セキュリティ更新プログラムの対象は、Outlook 2007 Service Pack(SP) 3、Outlook 2010 SP 2、Outlook 2013 SP 1、Outlook 2013 RT SP 1、Outlook 2016となる。

 脆弱性の内容は、メモリ内容の不適切に開示することによる情報漏えい、メモリ破損、セキュリティ機能のバイパスというもの。細工されたファイルなどによって、リモートの攻撃者にシステムを制御されたり、任意のコードを実行されたりする恐れがある。

 Microsoftの分析では、いずれも悪用される可能性は低いとしている。また、脆弱性の影響を緩和する方法は無く、パッチ適用を推奨している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]