編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ドリーム・アーツ、グループウェア最新版に認知技術利用の新機能

NO BUDGET

2017-08-03 09:56

 ドリーム・アーツは7月31日、企業情報ポータル型グループウェア「INSUITE」(インスイート)の最新版を発表した。

 最新版では、日本マイクロソフトの「Microsoft Cognitive Services」を利用した新機能を追加している。Microsoft Cognitive Servicesは、25種のツールから構成されるインテリジェンスAPIの集合体で、開発者に機械学習の知識がなくても、感情検知や画像認識、音声認識、自然言語理解などの機能をアプリケーションに追加することができる。


スケジュール登録での「Microsoft Cognitive Services」と「インスイート」の連携イメージ

 Microsoft Cognitive Servicesの自然言語解析「LUIS」を活用することで、最新版は自然言語解析サービスとして機能するAIを搭載したチャットボット機能を追加している。また、ビジネスチャット「知話輪」の通知・レコメンドによる業務支援機能と連携し、意思決定の迅速化やメール数削減に貢献する。

 その他の追加機能では、SAML認証により手軽で高度なユーザー認証が可能になった。認証と許可を提供する「Azure AD」などへの対応により、多要素認証など高度なセキュリティのもとで利用できる。また、iOS 10、Android 7にも対応する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]