編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
調査

デジタル変革のパートナー選びは「アナログ感覚」--企業の購買実態

NO BUDGET

2017-08-03 09:45

 IDC Japanは8月1日、国内企業のITサービス購買行動に関する調査結果を発表した。

 これによると、企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)のパートナーを選ぶ際に重視する情報入手先は、IT部門、業務部門ともに、ベンダーとの人的コンタクトや、業界団体などにおける他のユーザー企業からの情報などであることが分かった。


DXパートナーの情報入手先(複数回答)

 同調査では、企業のIT部門、業務部門それぞれに対してDX時代のパートナー選定基準、選定にあたっての情報入手先などに関するアンケート調査とヒアリングを行った。

 選定時に重視する情報入手先については、IT部門、業務部門とも「当該パートナーとの人的コンタクト」がそれぞれ41.0%、28.5%で1位。続いて「他社の知り合いなどからの情報」(IT部門:28.6%、非IT部門21.0%)、「第三者の意見/見解」(IT部門:28.6%、業務部門19.5%)となった。

 一方で、「思い当たらない」がIT部門で21.8%、業務部門で44.0%に上った。IDCでは、DX時代のマーケティングパターンは、デマンドサイド側からみる限り、まだ決まっていないともいえるとしている。

 また、DXのパートナーとして実際に選ばれる企業/ベンダーについては、IT部門、業務部門ともに「これまで取引のあったベンダー(業務システムなどの構築ベンダー)に、新たなパートナーが加わる」とした回答者が、全体の半数を超えた。

 今回の結果についてIDCは、企業のベンダー/パートナー選定は、一見するとDX時代になっても大きく変わらないとしながらも、今後ますますDXが本格化し、より多くのプレーヤーが市場に参入してくると、大きく変化していく可能性があるとしている。そして、企業のDXパートナーを目指す企業に対しては、企業がパートナーに求める基準に変化が起きているのかを見極めつつ、デジタルとアナログを融合した顧客アプローチ、営業/マーケティング戦略を考えていく必要があると指摘した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]