編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

デジタル変革が成長をけん引--IDC、国内コラボレーティブ/コンテンツ アプリケーション市場予測

NO BUDGET

2017-08-14 09:55

 IDC Japanは8月9日、国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場に関する2016年の市場分析結果と2017年~2021年の市場予測を発表した。

 それによると、2016年の同市場規模は、前年比成長率1.3%増の3950億5700万円になった。成長要因に同社は、働き方改革とデジタルマーケティングの進展を挙げている。


国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場 売上額予測(2016年~2021年)

 IDCでは、メールアプリケーション/会議アプリケーションなどを含む「コラボレーティブアプリケーション市場」、およびオーサリングソフトウェア/コンテンツ管理ソフトウェアなどを含む「コンテンツアプリケーション市場」の調査を継続的に行っている。

 2016年は、働き方改革の推進によって、クラウド型コラボレーティブアプリケーション市場が拡大し、特にファイル同期/共有ソフトウェア市場、チームコラボレーティブアプリケーション市場のクラウド関連の成長が著しかった。また、コンテンツアプリケーション市場では、デジタルマーケティングの進展に伴うコンテンツ管理市場の成長や、コンテンツ分析の需要拡大によるコグニティブシステム/コンテンツアナリティクス/ディスカバリーソフトウェア市場の成長率が拡大している。その一方で、オーサリング/パブリッシングソフトウェアは、従来のライセンス型売上からクラウドへの急速な移行によって、市場はほぼ横ばいで推移する。

 2017年の市場規模は、企業の働き方改革を軸としたデジタルトランスフォーメーション(DX)の進行によって、前年比成長率1.7%増になると予測した。2017年以降については、東京五輪に向けたDXの台頭、企業の働き方改革によるSaaS型コラボレーション/Web会議サービスなどの成長により、2016年~2021年の年間平均成長率1.9%で推移し、2021年には4349億1600万円の規模になると予測している。その成長要因として、クラウドによる機能提供の拡大、コグニティブ/AIシステムの業種ソリューションへの浸透などを見込んだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]