新たな「Trickbot」マルウェアキャンペーン、本物のような銀行の偽サイトにユーザー誘導

Danny Palmer (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2017-08-15 11:13

 最新の「Trickbot」拡散キャンペーンで、7万5000通以上の電子メールが25分の間に送信されたことをCyrenのセキュリティ研究者らが発見した。これらの電子メールは全て、英銀行大手のLloyds Bankが送信したように偽装されているという。

 これらの電子メールの件名は「Incoming BACs」となっている。BACSとは、1つの電子メールアカウントから別の電子メールアカウントに直接送金できる機能を提供するシステムだ。電子メールは標的に対し、添付書類を確認するよう促す。

 添付された「Excel」ファイル「IncomingBACs.xlsm」をダウンロードして開くと、ユーザーはその文書を編集するためにマクロを有効にするよう促される。しかし、多くの電子メールキャンペーンと同様、このプロセスを実行すると、マルウェアペイロードがデプロイされてしまう。

 今回のケースでは、Trickbotは「PowerShell」を使って実行ファイルをダウンロードする。このファイルは最終的に「Pdffeje.exe」として実行される。これはTrickbotのメインのプロセスで、同マルウェアをマシンにインストールする。

Cyren Incoming BACs Trickbot
提供:Cyren

 コンピュータがTrickbotに感染すると、同マルウェアはバックグラウンドで実行され、被害者がオンラインバンクにアクセスするのを待つ。

 被害者がオンラインバンクにアクセスすると、Trickbotは彼らを悪意あるサイトにリダイレクトする。今回のケースでは、被害者は本物のように偽装されたLloydsの偽ウェブサイトにリダイレクトされる。この偽ウェブサイトは、Lloydsの正しいURLと正規のSSL証明書を提示するので、ユーザーは自分がだまされていることに気づかない可能性もある。

 攻撃者は被害者のオンライン銀行の認証情報とセキュリティコードを盗むことができる。

 これらの偽サイトは本物にそっくりだが、電子メールがLloydsから送信されたものでないことを示す情報が1つある。送信元の電子メールアドレスのスペルが正しくないことだ。

 正しい電子メールアドレスは「lloydsbank.co.uk」だが、偽装メッセージの送信元は「lloydsbacs.co.uk」となっている。この電子メールのほとんどが、スパムの発信元として知られているオランダのIPアドレスから送信されているというという。


提供:iStock

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]