「Google Chrome」拡張機能が不正改変、開発者アカウント情報盗難--研究者報告

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ) 2017年08月17日 13時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Google Chrome」の拡張機能を改変する手段として開発者にフィッシング攻撃を仕掛ける攻撃者の存在が確認されている。改変された拡張機能は、被害者を脅してPCの修理代を払わせるアフィリエイト広告を広めるために使われる。

 Proofpointの研究者「Kafeine」は、フィッシング攻撃によって開発者のGoogleアカウントの認証情報が盗まれたのち、6つのChrome用拡張機能が最近改変されていることを確認した。

 「Web Developer 0.4.9」「Chrometana 1.1.3」「Infinity New Tab 3.12.3」「CopyFish 2.8.5」「Web Paint 1.2.1」「Social Fixer 20.1.1」が、7月下旬~8月初めにかけて改変された。「TouchVPN」「Betternet VPN」も6月下旬に同じ手法で改変されたとKafeineは述べている。

 Chrome用拡張機能の開発者に対する攻撃の主目的は、Chromeユーザーをアフィリエイトプログラムに誘導し、正規の広告を悪意ある広告にすり替え、最終的に紹介を通じて攻撃者に収入をもたらすことにある。

 攻撃者は、ウェブサイト運営者を対象としたコンテンツ配信ネットワーク(CDN)サービス「Cloudflare」のユーザーの認証情報も収集しており、将来の攻撃に利用される可能性もある。

 乗っ取られた拡張機能は、成人向けサイトを中心に、さまざまなサイトにもバナー広告を掲載し、正規の広告ネットワークからトラフィックを盗むようプログラミングされていた。

 「多くの場合、被害者に、PCを修理するよう促すJavaScriptを使った偽の警告が表示されたのち、攻撃者が利益を得られるアフィリエイトプログラムにリダイレクトされた」とKafeineは述べている

Proofpoint Kafeine Google Chrome
提供:Proofpoint Kafeine

 開発者のGoogleアカウント乗っ取りに使われたフィッシングメールは、Googleの「Chrome Web Store」チームから送られたかのように装っていた。その開発者の拡張機能は、Googleのポリシーに従っていないので、問題が修正されなければ削除される、とメールには書かれていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算