編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Apache Struts 2が更新--脆弱性は3件

ZDNet Japan Staff

2017-09-06 12:12

 JavaのウェブアプリケーションフレームワークのApache Struts 2の更新版となる「Struts 2.5.13」「同2.3.34」がリリースされた。3件の脆弱性を含む多数のバグが修正されている。

 修正された脆弱性は、URLValidatorを使用した場合にサービス妨害(DoS)攻撃を誘発される問題や、Struts RESTプラグインで古いXStreamライブラリを使用した場合にDoSを誘発される問題、また、Struts RESTプラグインとXStreamハンドラを使用してXMLリクエストをデシリアライズした場合に遠隔から任意のコードを実行されてしまう問題になる。

 3件の脆弱性はStruts 2.5~2.5.12に影響し、DoS関連の2件についてはStruts 2.3.7~Struts 2.3.33にも影響するとしている。

 なお、任意のコードを実行される恐れのある脆弱性の「CVE-2017-9805」は、報告者によれば、2008年以降にリリースされたStrutsの全バージョンに影響するといい、最新版のStruts 2.5.13の早期適用を推奨している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]