JA全中、全国のJAが共通利用できるハイブリッドシステム基盤を構築

NO BUDGET 2017年09月16日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全国農業協同組合中央会(JA全中)は、NECのクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」とハウジングを組み合わせたハイブリッド環境を利用して、全国のJAが共通して利用できるシステム基盤を構築した。同基盤は既に稼働しており、JA鳥取県中央会などが運用を開始している。

 同基盤は、会計や購買などの共通化可能なシステムをクラウド上に新たに構築し標準サービスとして提供するもので、各都道府県のJA独自システムを運用できる環境もクラウド上に構築している。また、クラウドへの移行が難しいシステムはハウジング環境へ移設し、ITシステムの統合を実現している。


各都道府県のJAが利用できるシステム基盤

 これまで、各都道府県のJAが会計処理など他県と類似のシステムを個別で構築・運用しており、重複する作業負荷やコストの削減が課題となっていた。また、長期運用してきたシステムの中には担当者の高齢化による後継の人材確保が課題となっているものもあった。

 共通化可能なシステムを標準サービスとしてクラウド上で提供することで、運用・保守などに関する大幅なコスト削減が可能となる見込み。また業務の標準化や、今後、JA全中が各都道府県のJAの活動を支援する新サービスを拡充・提供していくことにも役立つ。

 同基盤では、東西のデータセンターを利用することで、事業継続性の向上も図れる。平常時に利用するメインサイト(NEC神奈川データセンター)以外にバックアップサイト(NEC神戸データセンター)を構築しており、災害時にも継続性の高いシステム基盤となっている。NECは、データの遠隔バックアップからリアルタイム性を重視したDR環境の構築までさまざまな要件に対応できるプランを提供した。これにより、各都道府県ごとの状況に応じた適切な環境の構築を実現できた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算