調査

CRM市場、2021年度にクラウド型が5割に--クラウドファーストが鮮明に

NO BUDGET 2017年09月29日 18時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミック経済研究所は9月28日、パブリッククラウドで提供される顧客管理システム(CRM)市場の動向をまとめた。パブリッククラウドでCRMを提供するICTベンダー約163社を対象とし、主要ベンダー58社を調査したデータをもとに総市場を集計、分析した。今回はチャットシステムも追加した。

 2016年度のパブリッククラウド型CRMの総市場規模は、前年比22.7%増の2016年度1291億6000万円となった。オンプレミスの市場がダウントレンドで推移するのに対して好調に推移していると指摘している。

 この背景には、コストを資産としてではなく経費として計上できるメリットに加え、登録後すぐにサービスを利用でき、規模拡張やバージョンアップがスピーディなことでリードタイムの短縮化が図れるなどのメリットがエンドユーザーに広く認知されつつあることなどを挙げている。ネットワークセキュリティも格段に向上しており、障害時対応にも万全な体制を敷くことでエンドユーザーのクラウドに対するアレルギーはかなり払拭されてきているようだという。

 営業現場にあっても、エンドユーザーから出される提案依頼書(RFP)はパブリッククラウドを前提にしたものか、パブリッククラウドとオンプレミスの両方で見積もりを求められることが多くなっており、これにより結果的に市場も拡大していると説明している。

 こうしたことから、2016年度以降、年平均成長率24.2%で推移し、2021年度は3867億円にまで拡大すると予測している。

 好調に市場を拡大させるパブリッククラウドに対し、オンプレミスは2016年度までは横ばい、2017年度以降はダウントレンドで推移し、2016年度5000億円であった市場が2021年には1700億円減少し、3300億円になると予測する。

 内資外資のメーカー系ベンダーや大手システムインテグレーター(SIer)の多くが、いまだオンプレミスの市場にこだわってパブリッククラウドに大きく舵を切れずにいる中で、エンドユーザーは間違いなくクラウドファーストに舵を切り始めていると状況を説明する。

 これらのことを総合的に判断し、2021年度までのクラウド市場とオンプレミス市場のシェアの推移を予測すると、2016年度で20.5%を占めるクラウド市場が2021年度には54.0%と過半数を占めると予測される。

クラウド型CRM総市場推移とオンプレミス型CRM市場との市場推移比較(出典:ミック経済研究所)
クラウド型CRM総市場推移とオンプレミス型CRM市場との市場推移比較(出典:ミック経済研究所)
今回の調査対象範囲(出典:ミック経済研究所)
今回の調査対象範囲(出典:ミック経済研究所)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算