編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

マイクロソフト、「Azure Functions」でJavaのサポートを追加へ

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-10-05 10:11

 Microsoftは米国時間10月4日、カリフォルニア州サンフランシスコで開催中のJava開発者向けイベント「JavaOne」において、サーバレスコンピュートサービス「Azure Functions」でJavaのサポートを追加すると発表した。

 Microsoftによると、同社はこのほどAzure Functionsが複数のプログラミング言語をサポートできるよう、そのランタイムアーキテクチャを刷新したという。今回パブリックプレビューとして追加されたJavaは、その第一弾に相当するものだ。

 なお、OracleもJavaOneで2日、「Fn Project」というオープンソースの独自サーバレスプラットフォームを発表している。

 Azure Functionsは、顧客に代わってサーバのプロビジョニングやメンテナンスを取り扱うものであり、これにより開発者はサーバレス環境上で自らのコードをより迅速かつ容易に実行できるようになる。このサービスは要求に応じて自動的にスケールアウトし、料金は関数が実行された時間に対してのみ発生する。このため、IoTアプリやマイクロサービスアプリのほか、基本的にスケジュールに従ってサービスを実行させたい任意のタスクに適したものとなっている。

 Azure Functionsを用いることで、既に開発者はC#やF#、Node.js、Python、PHP、バッチ、bash、任意の実行可能ファイルを使った関数の記述が可能となっている。Microsoftは、HTTPリクエストによるコード実行の起動や、「Azure Cosmos DB」のドキュメント処理、「Azure Storage」キューのメッセージ応答といったタスクの関数テンプレートも提供している。

Azure Functions

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]