編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ
AWS Summit

AWSのCTOがサーバレス、IoTを解説--データベースベンダーに向けた反撃も

末岡洋子

2017-06-15 07:30

 アマゾン ウェブ サービス ジャパンが6月2日まで都内で開催した「AWS Summit Tokyo 2017」で、米Amazon Web Service(AWS)の最高技術責任者(CTO)、Werner Vogels氏が3日目に基調講演の壇に立ち、サーバレスなど最新の技術について説明した。

Lambda、DynamoDB、X-Rayとサーバレスに必要な技術がそろった

 トリガーによりコードを自動実行するサーバレスでは、サーバのプロビジョニングやスケールを考える必要がない。フォールトトレラントなどの機能も組み込んでいる。AWSは2014年の「re:invent」でサーバレスサービス「AWS Lambda」を発表、その後業界全体のサーバレスの動きをけん引している。

 Lambdaは基調講演の最初の顧客として登壇したソラコムなど、多数の企業が導入している。ここでVogels氏は米国のFinancial Industry Regulatory Authority(FINRA)を紹介した。複数の株式市場のデータから不正取引などの行為をモニタリングする連邦機関で、数千ものイベントがある中でLambdaのファンクションをトリガーするシステムで効率化を図っているとのことだ。「Lambdaは発電所のように多数の企業に利用されている」とVogels氏は胸を張る。

 利用が進む一方で、複数のLambdaファンクションを複雑なアプリケーションで利用するというニーズが少し前から増えているという。そこでAWSが作成したのが「AWS Step Functions」だ。ビジュアルなワークフローを使って、分散型のアプリケーションにおけるコンポーネントを調整できる。各ステップが自動でトリガーとして管理され、エラー時は再試行する。問題の診断やデバッグも簡単に行うことができる。

「AWS Step Functions」。逐次、並行、分岐の3パターンが用意されている
「AWS Step Functions」。逐次、並行、分岐の3パターンが用意されている

 次にVogels氏が紹介した機能が「AWS X-Ray」だ。

 「アプリケーションの分散型が進んでいる。コンポーネントが分散され、それぞれが協調しなければならない。どこにボトルネックがあるのか、見いだすのは難しい」とVogels氏。AWS X-Rayを利用することで、レントゲン検査(X-Ray)のように分散型アプリケーションの洞察を得ることができる。

 コンポーネントがどのようにお互いに作用しているのか、リクエストがどのように流れているのかなどの情報を取得し、ビジュアルマップに表示、瞬時にボトルネックをリアルタイムでつかむことができる。アプリケーションはEC2、ECS、Elastic Beanで実行されるものをサポートする。

X-Rayを利用して、DynamoDBテーブルが適切に設定されていないといったことが、瞬時に分かるという。
X-Rayを利用して、DynamoDBテーブルが適切に設定されていないといったことが、瞬時に分かるという

 サーバレスの仕上げとして、Vogels氏は「Amazon DynamoDB」について語った。Amazon DynamoDBはノンリレーショナル型で、高い可用性、一貫した性能、拡張性などを特徴とする。10ミリ秒以下の低遅延も備える。「パフォーマンス管理、拡張性、信頼性などを気にする必要はない」とVogels氏。例えば、ゲーム会社Supercellは、DynamoDBを利用して、ゲームローンチ初日のアクセス集中をはじめ、あらゆる種類の負荷に耐える環境を構築していると紹介した。

 Vogels氏はここで、性能や規制順守などの要件のある顧客向けとして、Amazon Virtual Private Cloud(VPC)エンドポイントからアクセスできるVPCエンドポイントを追加したことを改めて紹介した。

 また、DynamoDB向けのフルマーネジドインメモリキャッシュ「Amazon DynamoDB Accelerator(DAX)」も紹介した。ゲームや取引など「マイクロ秒のレスポンスを必要とする新しい種類のアプリケーション」向けという位置付けで、キャッシュ活用により性能を実現する。開発者はキャッシュやクラスターの管理などの面倒な作業をすることなく利用でき、DynamoDBのAPIと互換性があるためアプリケーションに変更を加える必要もない。

 「1クリックでインメモリキャッシュを有効にし、クエリの性能を最大10倍にできる」とVogels氏はメリットを強調した。DAXは現在プレビューとして提供されている。

低遅延アプリケーション向けのAmazon DynamoDB Accelerator(DAX)
低遅延アプリケーション向けのAmazon DynamoDB Accelerator(DAX)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]