MSYS、アプリ保護ソフト「whiteCryption」を販売開始

NO BUDGET

2017-10-11 11:33

 丸紅情報システムズ(MSYS)は10月6日、米whiteCryptionと販売代理店契約を締結し、ハッキングなどからアプリケーションを保護するソフトウェア2製品の販売を開始すると発表した。3年後に5億円の売り上げを目指すとしている。

 「whiteCryption Code Protection」は、アプリケーションのソースコードを保護することで、リバースエンジニアリングや不正使用を防止するソフトウェア。統合された保護メカニズムを多重的に適用するアプリケーション保護機能によって、アプリケーションをハッキングやリバースエンジニアリング、マルウェアによる攻撃から守る。

 「whiteCryption Secure Key Box」は、ホワイトボックス暗号ライブラリにより、アプリケーションで使用する暗号鍵をハッキングから保護するソフトウェア。ホワイトボックス暗号とは、攻撃者が実行環境を完全に監視、修正できる環境でもセキュアに維持される暗号アルゴリズムの実装としている。

 アプリケーションが実行中であっても常時エンコードされるホワイトボックス暗号実装技術によって使用する暗号鍵を守る。機密かつ未分類のデータを使用する際に、IT製品が準拠する必要のある暗号化および関連する安全上の要件を示した政府が定める基準である「FIPS 140-2」のレベル1セキュリティ認証を取得している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]