編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「データの破壊的パワーを解放する」--インフォマティカが新サービス

渡邉利和

2017-10-23 10:45

 インフォマティカは10月20日、次世代クラウドサービス「Informatica Intelligent Cloud Services」を発表した。日本語版のクラウドデータ統合機能を2018年1月から提供し、その他のサービスについても順次提供を開始する予定だ。


Informatica Intelligent Cloud Servicesの概要
Infomatica''
Infomatica クラウド、ビッグデータ、データ統合担当シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのRonen Schwartz氏

 当日の記者会見でInformatica Intelligent Cloud Servicesは、「インフォマティカのアプリケーションとデータ統合『iPaaS』機能に、エンドツーエンドのクラウドデータ管理を追加したもの」と説明された。Informatica Intelligent Data Platformを基盤としたクラウドサービスであり、同社の中核製品をクラウドサービスとして利用可能としたものでもある。

 詳細を説明した米Infomatica クラウド、ビッグデータおよびデータ統合担当シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのRonen Schwartz氏は、現在、「デジタルトランスフォーメーション」が企業の重要テーマとなっていることを踏まえ、「データがデジタルトランスフォーメーションの重要なカギ」だと語り、さらに「我々はデータの破壊的パワーを信じている(We believe in the disruptive power of data.)」と強調した。

中核となる4つの機能''
中核となる4つの機能

 Informatica Intelligent Cloud Servicesは、大きく「Integration Cloud」「MDM Cloud」「DQ and Governance Cloud」「Data Security Cloud」の4つの機能で構成されており、ユーザーはこれらを任意の組み合わせで利用できる。

 さらに、「CLAIRE」と名付けられたメタデータ主導の人工知能テクノロジが組み込まれ、機械学習に基づくインテリジェンスを提供する。また、Informatica Intelligent Cloud Servicesで提供される機能の多くがマイクロサービス化されて公開されるため、ユーザーやパートナーが独自のソリューション構築に活用することも可能となっている。

多くの機能がマクロサービス型で提供される''
多くの機能がマクロサービス型で提供される

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]