編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視
調査

スマートファクトリー導入メーカーは2022年までに2倍増--ゼブラ・テクノロジーズ調査

NO BUDGET

2017-11-10 07:00

 ゼブラ・テクノロジーズは、「製造業ビジョン調査 2017」の結果を発表した。工場内のあらゆる機器がネットワークに接続されたスマートファクトリーを導入する製造業者の数は2022年までに2倍に増加する見通しで、5年以内にスマートファクトリーの機能を実装するとの回答は64%に達した。

 同調査は、製造業のテクノロジ活用に関する意識や実態を聞き取り、オンライン上でのアンケートなどによって明らかにしたもの。製造技術の導入を決定または決定への影響力を持つ企業幹部1100人が対象で、調査地域は北米、中南米、欧州、アジア太平洋の国々としている。


製造業における今後5年間の展望

 生産ライン、サプライチェーン、従業員から総合的なデータを収集するメーカーの割合は、現在の43%に対し2022年までに64%へと上昇する見込みだ。また、2022年までにバーコード、RFID、リアルタイム位置情報システム(RTLS)を組み合わせた追跡テクノロジを導入するとの回答は63%に上った。

 業務用端末などのモバイルテクノロジの導入計画は現在の32%から2022年までに65%へと増加する見通しで、ウェアラブルテクノロジの導入計画も現在の40%から2022年には55%まで増加することが見込まれている。

 さらに、手作業による業務は大幅に減少するとみられている。現在、手書きによる記録の割合は62%に達しているが、これは2022年に5分の1にまで減少する見通しという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]