編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
PDF Report at ZDNet

企業のAR活用最前線--現場をどう変えるか

PDF Report@ZDNet

2017-10-31 16:00

 Googleは2017年7月に「Google Glass」の復活を発表した際、拡張現実(AR)に現実の市場があることを示した。それは法人向け市場だ。General Electric(GE)やDHLなどの大手顧客が既に「Google Glass Enterprise Edition」を試験的に導入していることを明らかにした。

 これまでコンシューマー向けのエンターテインメントなどの分野で注目されることが多かったARに、多くの企業が関心を寄せている。米ZDNetの姉妹サイトTech Pro Researchが2016年に実施した調査によると、回答者の39%が既に自社にARを導入しているとしており、まだ導入していないとした回答者の67%も導入を検討中だと答えた。IDCは法人セグメントにおけるARヘッドセット出荷台数が、2016年の11万1000台から2021年までに2000万台以上に増えると予想している。年平均成長率(CAGR)で184%にもなる。さらに、2021年のARヘッドセット市場に占める法人セグメントのシェアが83%に達すると予想している。

 GEにおけるGoogle Glassの利用事例からは、ARがいかに成熟し、企業にとって成果の期待できる投資対象になったのかが見て取れる。Microsoftも「Mixed Reality」(複合現実)として、ビジネス分野での活用の可能性に注目しており、「HoloLens」や「Windows Mixed Reality」対応デバイスを利用したソリューションを実現するためのパートナープログラムを展開している。GoogleのARやMicrosoftのMR技術などが企業で採用され、製造業や建設業をはじめとする現場で活用されている事例の記事をまとめた。

企業のAR活用

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]